ビットコイン大口保有者、18年以来2年ぶりの高水準に

ビットコインクジラが増加傾向に

Glassnodeは、最新データを用いて、少なくとも1000BTC(730万ドル)を保有する大口投資家(クジラ)のアドレス数は、2018年以来、2年ぶりの高水準まで戻っている(約1840人)ことを報告した。

取引所の資産管理などにも変化が生じている可能性はあるが、3月に確認された急落時の買い増しや半減期後の需給の変化を期待した中長期の大口保有が増加した可能性がある。

実際のデータによると、大口投資家が増加したポイントは、年末から年初にかけて価格が下がった底値の期間、また暴落後の底値の期間から急増しており、暴落時を買い増しの機会とみた可能性が高い。

Glassnodeは、今回示された高水準のライン(チャート内赤線)は、大口投資家の方向性を分かつポイントになると説明。今回は上昇傾向を維持した状況で上抜けたことが注目だとした。

出典:Glassnode

また、過去のパターンと類似するポイントは、半減期に向けて大口投資家のアドレス数が増加していた点。2016年の半減期から一定期間を経て、アドレス数が下落傾向へと転じている。

Glassnodeはこのクジラの動向について、「不透明な市場環境においても、クジラはビットコインを蓄積する好機とみており、価格の上昇を見込んでいることが示唆されているだろう」とコメントした。

また、バブルが崩壊と共にアドレス数を大きく減少させた大口投資家の状況を例に引き合いに、バブル崩壊時と現在の市場の違いを指摘。大口投資家は増加傾向に転じている途中であることから、今後の相場にも期待ができる大口の動向だと説明した。

参考:Glassnode

CoinPostの注目記事

Bitfinexのクジラ、仮想通貨ビットコイン相場反転の要素を指摘
仮想通貨取引所Bitfinexの著名ビットコインクジラ「Joe007」が今後ビットコインが反転できる要素について自身の見解を披露。一方、アナリストのTone Vaysが見る値動きとは。
仮想通貨ビットコインのクジラ、新ツールで動向を追跡可能に
チャートサイトBitcoinWisdomはビットコインクジラの動きを追跡する新たな「アグリゲートヒートアップ」ツールを公開。BitMEX・Bitfinex・Coinbaseの米ドル建て注文板を1つに。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します