欧州とタイ間の即時決済、リップルネットが活用 仮想通貨XRPの利用は?

AzimoとSCB、リップルネットで繋がる

欧州を拠点にするデジタルマネー送金サービス企業Azimoは、タイの大手銀行サイアム商業銀行(SCB)と提携し、Rippleの「リップルネット」を介して、欧州からタイへの国際リアルタイム決済サービスを開始。リップルの発表で判明した。

従来、欧州国=タイにおける送金は、営業日1日以上必要だったが、Azimoは、英ポンドやユーロ、タイバーツを即時決済できるようにしている。今回の提携で、1日以上かかった送金処理は1分間以下で完了できるという。

2月の発表では、Azimoは、XRPを介す送金プロダクト「On-Demand Liquidity (ODL)」をフィリピンへの送金で利用するが、今回、サイアム商業銀行(SCB)とのサービスコネクションにもODLを利用するかどうかは明かされていない。

一方、今年の1月、サイアム銀はリップルの技術を利用し、QRコードの国際送金アプリ「SCB Easy」に取り組んでいることを発表した。

参考:リップル発表

CoinPostの注目記事

バンク・オブ・アメリカ役員、リップル技術の活用に言及
米大手銀バンカメ(BoA)のデジタル戦略部の役員を務めるJulie Harrisは最新のインタビューで、リップル社とのプロダクトの活用について言及したことがわかった。
リップルのアジア責任者が新型コロナがもたらす変化に言及「デジタル移行が永久的なものに」
Ripple社のMENA・アジア地域の責任者は、インタビューで新型コロナの感染拡大とそれに伴う社会状況がもたらす影響について回答。「2つの大きな変化」について言及した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用