CoinPostで今最も読まれています

日本政府がデジタル通貨(e円)の発行の可能性について検討中

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

日本政府がデジタル通貨(e円)の発行を検討中
安倍首相の答弁から様々な観点(利便性や安全性、金融システムへの影響等)から検討している段階であることが再確認出来ました。
世界各国でデジタル通貨の発行について議論されている
ロシアや中国、イギリスなどの先進国でも議論が進んでいます。また、日本でも2016年11月に日銀が「中央銀行発行デジタル通貨について― 海外における議論と実証実験 ―」という資料を公開していることから、以前より検討していたことが分かります。

日本政府が中央銀行によるデジタル通貨発行の可能性について検討していく旨の答弁が返ってきた、と話題になりました。

世界各国で自国のデジタル通貨の発行が研究・検討されている中、日本円のデジタル通貨発行に関する質問主意書を安倍内閣に提出し、本日答弁書を頂戴しました。

閣議決定を経て安倍晋三首相名の答弁の中に、日本政府として中央銀行によるデジタル通貨を発行する可能性について検討してまいりたいという答弁が返って参りましたので、皆様にもご報告させていただきます。

情報引用元:BLOGOS

世界各国でデジタル法定通貨が検討されている

国家によるデジタル通貨の発行は世界各国で注目度を高めています。

例えばウルグアイでは希望者一万人に対して「eペソ」を発行して試験運用を実行済みです。

他にもスウェーデンやドバイ、更にはイギリス、ロシア、中国など先進国でもデジタル法定通貨の研究は進められています。

中国は仮想通貨をほぼ禁止状態にまでしていますが、「自国資産の国外流入」を嫌っている可能性が高く、非中央集権型ではない自国で管理できるものに関しては前向きに検討している、と見られています。

また、仮想通貨「禁止」ではなくルールを整える「規制」を進めるロシアは、2017年10月にプーチン大統領が法定仮想通貨の発行を指示しています。

その後2018年1月には法定仮想通貨「クリプトルーブル」の法案がロシア議会に提出されています。

ロシア政府発行の仮想通貨:クリプトルーブルを法定通貨にする法案が提出される
ロシア政府発行の仮想通貨クリプトルーブル(cryptoruble)を法定通貨にするための法案が提出されました。発行を急ぐことはないと結論が出されたロシアの仮想通貨でしたが、1月初頭、プーチン大統領が仮想通貨発行の必要性を改めて表明しました。

安倍首相の答弁などから判断する日本政府のブロックチェーン技術に対する姿勢

今回の答弁で、日本政府はデジタル通貨の発行を様々な観点(利便性や安全性、金融システムへの影響等)から検討している段階であることが再度確認出来ました。

他国のデジタル通貨への取り組みや、その研究についてはまだまだ調査不足に聞こえるような答弁でもありました。

しかし、2016年11月には既に日銀によって「中央銀行発行デジタル通貨について― 海外における議論と実証実験 ―」という報告書が公開されています。

その中では、ブロックチェーン技術に対してこのように述べられています。

ブロックチェーン・DLT は、「中央に特定の帳簿管理主体を置くかわりに、複数の参加者による『分散型』での帳簿管理を可能とする技術」と捉えることが妥当である(図表1)。

したがって、この技術の応用範囲は仮想通貨にとどまるものではなく、各種の財産権の管理など、幅広い応用が可能と考えられる。

この文書の中では「デジタル通貨発行」の括りだけに止まらず、他の活用方法やその参考として各国の対応についてもまとめられています。

また、「シンガポールで現金や小切手といった紙ベースの決済手段の利用に伴うコストは GDP の 0.52%に達すると試算された」こと、各国でキャッシュレス化が進んでいることにも触れられています。

読みやすくまとめられていますので、興味のある方は上記資料を一読することをおすすめします。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧