ビットコイン半減期後、マイナーは耐えれるか? 日間収益を試算

ビットコイン半減期後の収益

仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)のマイナーの報酬が半分に減る「半減期」まで1ヶ月をきった。

現在の計算では、半減期を迎えるのは5月12日か13日。報酬は12.5BTCから6.25BTCに減少する。

仮想通貨メディアTheBlockの担当者の試算によると、現在の1日のマイナーの収益は、およそ1340万ドル(約14億4000万円)。半減期後もBTCの価格が現在の水準のままだとすると、1日のマイナーの収益が670万ドル(約7億2000万円)になる計算だ

ここから、電気代や人件費などの多くのコストを引いたものがマイナーの利益となるため、採算が取れなくなる懸念も生じる格好だ。

出典:The Block

収益の半減は、マイニング事業の経営に重大な影響を与える。特に新型コロナウイルスの感染拡大に端を発した仮想通貨市場暴落の影響を受けたマイナーにとっては、非効率な機器の利用による負担も増加することが予想され、BCHやBSVでみられたように、一時的なハッシュレートの撤退など、BTC半減期後も起こりうる可能性は十分にある。価格推移次第にはなるものの、マイニング業界の競争がいっそう激化する可能性がある。

最近では半減期に対する仮想通貨取引所の見方が報じられており、楽観的な意見を述べる取引所も複数ある一方で、中華系大手OKExの金融市場責任者は、競争が激化するとの見解を示した。「半減期後は、マイナーの価格変動リスクやキャッシュフローをサポートできるような金融商品の需要が高まるだろう」と述べている。

関連複数の大手仮想通貨取引所関係者が語る、ビットコイン半減期の影響

CoinPostの注目記事

ビットコインなど仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす「半減期」とは、過去の事例から独自考察
仮想通貨市場に大きな影響を及ぼすビットコイン(BTC)などの半減期が、相場に意外な影響を与えることも明らかに。ライトコイン半減期など、過去の値動きから可能性とリスクについて詳しく解説。
BitMEX、ビットコイン半減期後のハッシュレートなど「4つのシナリオ」を試算
最大手デリバティブ取引所BitMEXのリサーチ部は、約38日後に迫る仮想通貨ビットコイン(BTC)の半減期がもたらす、採掘業者の利益への影響とハッシュレートの関係性を試算。今後のシナリオについて4部構成で解説した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。