ロシアで仮想通貨取引に関心増 新型コロナの影響か

仮想通貨取引所のサイトへのアクセスが増加

新型コロナ感染拡大阻止のための自主隔離政策が全土で実施されているロシアで、仮想通貨取引所のサイトへのアクセス数が増加していることが分かった。ロシアのビジネスメディアRBCが報じた。

DDoS攻撃対策に特化したサイバーセキュリティ会社Qrator Labsは、インターネット上の様々なサイト訪問状況を調査し、パンデミックの最中、ユーザーがどのような分野に興味を持っているかを分析。その結果、宗教関連サイトに次いで、人気が高まったのは仮想通貨取引サービスを提供するサイトだったという

アクセスが増加した分野

Qrator Labsは、サイト訪問者とモバイルアプリ使用数の曜日毎の平均を計算、2月と3月最終週の状況を比較した。宗教関連サイトは、30%から500%と驚異的なアクセス数の増加が見られた。厳格な外出規制が敷かれる中、宗教関連サイトではビデオリンクを使って教会の礼拝への参加を可能にするなど工夫を凝らしているようだ。

巣籠もり活動の筆頭ともいえる動画サービスサイトへのアクセス数は5.32%増加したが、それを上回ったのが仮想通貨取引所のサイトへのアクセスで、5.56%の増加だった。一方、外国為替市場関連サイトへのアクセス数の増加は3.13%だという。

コロナウイルスの感染拡大に伴い、経済の先行きへの不安が高まる中、仮想通貨に対する関心が深まっていることをアクセス数の増加は示唆していると思われる。世界的にもビットコイン(BTC)購入への関心度が、3月中旬には2019年7月以来最高レベルに達していることをグーグルの検索トレンドでは確認できる。

しかし同時に、仮想通貨取引所へのDDoS攻撃も486%増加するなど、セキュリティ面での懸念も増大しているようだ。先月の仮想通貨市場の大暴落時には、大手取引所BitMEXが二度にわたりDDoS攻撃を受けていたことが明らかになっている。

関連BitMEXへのDDoS攻撃、仮想通貨損失補償も含めた公式声明を発表

なお、Qrator Labsは今年6月まで、世界中の社会的重要性を持つプロジェクトに対して、DDoS攻撃対策サービスを無料で提供すると公式ツイッターで表明している。

ロシアの仮想通貨を取り巻く状況

民間レベルでは仮想通貨取引に対する関心の高まりを見せるロシアだが、規制の整備はなかなか進まないようだ。仮想通貨規制の枠組みとなる「デジタル金融資産に関する法案」は、2018年にロシア議会に提出されたが、幾度も審議の遅延を繰り返し、現在は内容が最終決定されているものの、コロナウイルス対策が優先され、その可決判断は再度見送られることとなった。ただし、今年夏前には可決成立する見込みだという。

関連ロシア議会、コロナ対策優先で仮想通貨関連法案の判断を再延期

その内容に関しては、仮想通貨の保有は合法とされるものの、仮想通貨の発行と流通は禁止される意向であることが、先月報道されている。また、決済手段としての利用もできない。なお、マイニングに関する規制は含まれていない。

同法が成立すると、ロシアにおける仮想通貨利用は大きく制限されることになると思われる。全世界の活動を一変させてしまったコロナ危機が、ロシア議会の仮想通貨に対する姿勢を軟化させる作用を持つかかどうかは、未知数だ。

出典:RBC


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用