NEM財団代表:仮想通貨価格操作は今に始まったことではないと発言

仮想通貨価格操作は避けられない?
いわゆる「主要通貨市場」でも価格操作の兆候が見受けられます。NEM財団代表Lon Wong氏によると、仮想通貨の価格操作は今に始まったことではない、とのことです。
規定者は勉強不足?
Wong氏は規定者に仮想通貨市場の知識および経験が足りないため、効果的な規制ができないと考えています。

価格操作が避けられないのが現状

NEM.io財団代表Lon Wong氏は

「仮想通貨の価格操作は今に始まったことではない」

と述べました。

CNBCに対し、規定者はデジタル通貨利用を監視するために「一貫した」規制体制を開発するべきと述べました。

そして彼は仮想通貨の価格操作は避けがたいことであると考えています。

彼のその主張は比較的小さい仮想通貨市場だけでなく、より確立した従来の市場での市場操作を暗示するようないくつかの出来事によって裏付けされているようです

自身の陳述を正当化するため、NEM財団代表は成長する仮想通貨市場を世界の法定通貨金融システムと比べました。

最初の比較として「主流市場」でも価格操作が行われていることを言及しました。

彼の考えでは仮想通貨コミュニティーは現在「初期の成長段階」にいます。

そのため、これらの問題を「成長痛」の一種と考えてもおかしくないことになります。

仮想通貨技術に焦点を置くべき

NEM財団代表は仮想通貨市場が「成熟」および安定した時には価格操作が「過去の出来事」になると予想しています。

しかし、彼の財団は価格よりも技術の向上や開発に焦点を置いているようです。

CNBCとの話し合いにおいて、Wong氏の発言はBitfinexなどの大手デジタル通貨取引所が市場価格を操作しているという仮想通貨投資者の心配に向けているようでした。

実際、以前Core Mediaが報告したように、Bitfinexは2017年12月に米国商品先物取引委員会(CFTC)に呼び出されています。

CFTCが具体的にどのような情報を要求したかは確かではありませんが、価格操作に関係していた可能性は十分にあります。

とりわけ、NEM財団代表によるこれらのコメントは日本の仮想通貨取引所コインチェックから5.3億ドル(約570億円)相当のNEMトークンが盗まれた数週間後にされています。

規定者はまだまだ勉強不足

おそらくNEM財団代表による最も注目すべきコメントは、規定者が仮想通貨についての知識が足りないことでしょう。

Wong氏は彼らがまだ仮想通貨(特に中央集権型仮想通貨取引所)を効果的に規制できないと考えています

しかし、規定者に仮想通貨市場やその基礎となる技術について十分な知識と経験が不足しているにもかかわらず、Wong氏は

「(取引所と規定者)両者が協力して次のステップに進むための結論に至る」

と考えています。

世界仮想通貨市場の現状と、これまでの規定者の反応からは世界中の権力者が仮想通貨に対するなんらかのコンセンサスにたどり着くことは考えにくいかもしれません。

仮想通貨市場が成熟したときに価格操作が完全になくなるというWong氏の予想が、実現できるかはわかりません。

なぜならすでに規制された従来の金融システムでも価格操作が行われている兆候が見受けられるからです。

NEM財団代表が述べた内容が起こるかはわかりませんが、仮想通貨界の大物が考えていることを知ることは大事だと思います。

NEM President Says Cryptocurrency Price Manipulation Is “Unavoidable”

Feb. 14, 2018 by Omar Faridi

参考記事はこちらから
ネムニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加