リップル社とサウジアラビア通貨庁が提携、国内銀行を主導する

Ripple社がサウジアラビア通貨庁と提携、国内銀行にリップルソリューションを提供する
Ripple社はサウジアラビアの中央銀行とパートナーシップを締結しました。Ripple社はすでに世界中の企業と提携を組んでいますが、リップルソリューションを採用する国内銀行のためにリソースを提供する初めての中央銀行となります。
サウジアラビアは中央銀行主導でブロックチェーン技術の普及に努める
サウジアラビアの中央銀行は国内の銀行のために、プログラムマネジメントやトレーニングを提供していく方針で、中央銀行主導でブロックチェーン技術の普及に努めています。

Fintechの巨人Ripple社は、サウジアラビアの事実上の中央銀行と新たなパートナーシップを結び、同国銀行内のブロックチェーン上で即時クロスボーダー決済を運営します。

中央銀行主導でブロックチェーン技術の普及に努める

2月14日に発表された情報によると、サウジアラビアの中央銀行(KSA)であるサウジアラビア通貨庁(SAMA)は、Ripple社と契約を締結しました。

SAMAは、国内銀行が「即時」国際決済のためにRipple社のブロックチェーンを使用するための試験的プログラムを立ち上げる予定です。

この試験的プログラムは、国内銀行が、全世界の決済のエンドツーエンド監視をするRipple社のブロックチェーンソフトウェアxCurrentを利用した取引を可能にします。

中央銀行が関与するこの試験的プログラムでは、Ripple社のブロックチェーンネットワークであるRippleNet上の100以上の金融機関(銀行、支払いプロバイダなど)とKSAが接続されるようになるでしょう。

さらに、KSAの中央銀行は自国の銀行のために、プログラムマネジメントやトレーニングを提供していく方針で、Ripple社は中央銀行によるブロックチェーン技術の採用の熱心な努力を強調しています。

SAMAはRippleソリューションを国内銀行に提供する初めて中央銀行となる

Ripple社のインフラ改革のグローバルリーダーであるDilip Rao氏(以下、Rao氏)は次のように述べています。

SAMAは、Ripple社の革新的なブロックチェーンソリューションを使用して即座決済を行いたい国内の銀行にリソースを提供する最初の中央銀行として、その先頭に立っています。

サウジアラビア中央銀行の努力は、伝統的な支払い方法と比較して、透明で安価で高速な取引を経験するであろう、国内の銀行の小売顧客にも利益をもたらすとRipple社は付け加えます。

Rao氏は以下のように付け加えます。

世界中の中央銀行は、国境を越えた支払いをどのように変えることができるかを認識して、ブロックチェーン技術に傾いており、法人と消費者双方の貿易や商取引に対する障壁が低くなっています。

ここ数日の間に、Ripple社は、Ripple Net の加盟企業でもある中東最大級の送金サービス大手のUAEエクスチェンジと提携を結んでいます。

リップル社とUAE Exchangeが提携/RippleNetに参加
リップル社はアラブ首長国連邦(UAE)の大手海外取引所であるUAE Exchangeとの提携を明らかにし、最近の不安を払拭することに成功しました。しかし、UAE Exchangeがその過程でXRPを使用するかどうかは未だ定かではありません。

また、香港ベースの決済サービス大手LianLian(連連支付)もRipple Netに加盟し、中国へのクロスボーダー決済にも進出しています。

中国の決済サービスプロバイダーがRippleNetに参加
2月7日にLianLian Payが、既存の顧客に向けてブロックチェーン上で同日に国際間取引を完了させるリップル社のxCurrentソリューションを採用することを明らかにしました。

Ripple Partners Saudi Arabia’s Central Bank to Plug on a Blockchain

February 14, 2018 by CCN

参考記事はこちらから
リップルニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加