3月のビットコイン暴落後、出来高と価格の相関に「違和感」

Q1仮想通貨市場の出来高

第一四半期の出来高を分析した仮想通貨データ専門サイトTokenInsightによると、20年Q1における出来高とビットコイン相場の相関性が昨年の同期に比べ、大幅に低下しているという。

今年の第一四半期(1月〜3月)、仮想通貨市場全体の出来高は6.6兆ドルを記録。前期比(2019年Q4)104%高と、2倍水準を維持しているが、出来高と価格の変動で相関しない動きが確認されている。

ビットコインをはじめ仮想通貨市場は、2月に年初来最高値をつけ、3月のコロナショックで年初来最安値を記録するなど、変動率(ボラティリティ)が激しい四半期となった。TokenInsightのまとめたデータによると、3月12日の暴落が主な転換ポイントになった。暴落以降、価格は戻す傾向にあるが、相場変動に対する出来高が付いてきていないという。

出典:TokenInsight

具体的なデータでは、Q1における現物の出来高とビットコイン相場の相関性は0.04だった。これは、昨年の同期では0.78と比較して、相関性は95%も減少したことを示す。最も大きな理由は、3月12日の暴落。暴落前までは、0.6を示していたものの、暴落のタイミングで-0.12と大きくネガティブに転じ、それ以降も改善されなかった 。

TokenInsightはこのように説明する。

相関性低下は、金融市場を含む全体市場の極端的状況および投資家の異常行動によるものだ。

一方、市場が「洗礼」されたため、大暴落によってハイレバレッジ市場は再調整されている。コロナショックによる市場のサイクル調整は長期的発展を促進するものにもなり得る。

取引所水増し問題

一方、出来高と価格の相関性を鵜呑みにできないポイントとして、出来高の信ぴょう性がある。

TokenInsightが独自で裏を取った取引高履歴では、灰色になっている取引所の出来高はすべて「未証明(正しい出来高として証明できない)」に該当する。

出典:TokenInsight

参考:tokeninsight.com


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用