国内初 新型コロナ治療薬「レムデシビル」承認

厚生労働省は7日、抗ウイルス薬「レムデシビル」を国内初の新型コロナウイルス感染症の治療薬として承認した。

審査期間を短くする特例で承認を行なった。重症者の治療にあたる医療機関に優先して提供する方針だ。

レムデシビルは、アメリカの製薬会社ギリアド・サイエンシズが開発した静脈内に投与する点滴注射薬。ウイルスが増殖する際に必要な酵素の働きを抑制することでウイルスの増殖を抑える。

日本政府は、海外での承認を条件に国内の審査を迅速化できる医薬品医療機器法に基づく「特例承認」の制度を用いて、新型コロナウイルス感染症治療薬として期待を集めているレムデシビルの早期承認の方針を打ち出していた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します