ビットコイン年初来高値超えられず暴落、ボリンジャーバンド発案者はヘッドフェイクを指摘

仮想通貨市況

仮想通貨市場では、ビットコイン(BTC)が急落。前日比5.14%安の103万円(9500ドル)となり、2日の急騰分を帳消しとした。

今年2月の年初来高値10500ドルの主要レジスタンスを超えることができず大幅反落。日足で長い上髭を付けており、戻り売り目線が増えるものと思われる。

最大手デリバティブ取引所BitMEXでは、BTC急落に伴う1億ドル相当のロスカット連鎖で下方向にオーバーシュートした結果、一時8,600ドル台を記録。他取引所を大幅に下回る価格となり、3分で1,500ドル以上急落した計算になる。

アナリストの見解

ボリンジャー・キャピタル・マネージメント創立者であるジョン・A・ボリンジャーは、ビットコインの急落について「ヘッドフェイク」だと言及、セオリーと逆方向に大きくブレイクする「騙し」であることを指摘した。

同氏が考案した「ボリンジャーバンド」は、統計学の概念を応用することで移動平均線と標準偏差を組み合わせた有名なテクニカル指標として知られる。

Fundstrat・グローバル・アドバイザーズのロバートは、「BTCは次の方向性が試されようとしている。弱気派は、10000〜10500ドルの下降トレンドを見ており、強気派は長期的な上昇トレンド(200週移動平均線)を背にしている。」と指摘した。

仮想通貨アナリストのJoseph Youngは、BitMEXの資金調達率(ファンディングレート)が、急速に偏っていたことも下落圧力となったと指摘。

ビットコインが+0.16%、イーサリアムは+0.19%に達していた。約0.01%の資金調達率を大幅に上回る。

未決済建玉(OI)の急上昇も、ロングの高値掴み急増を示唆していたが、今回の急落で-14%と是正されている。

高騰していたイーサリアム(ETH)も急落したが、前週安値の205ドル(22,000円)より上の水準にある。

海外アナリストCrypto Michaelの分析によれば、「ビットコイン次第のであることは否めないものの、過去に揉み合った緑ボックスの215ドル(23,300円)の支持線で反発できれば、上昇トレンドの再開が見込める。」としている。

ETH/USDチャート


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用