コインチェック、XEM・QTUMを積立投資サービスで対応 ビットコインほか9銘柄に

コインチェックは9日、仮想通貨を自動で購入する積立サービスにネム(XEM)とクオンタム(QTUM)を新たに追加したことを発表した。

今回の銘柄追加で、ビットコインの他、計9種類のアルトコインに対応した。

アルトコインの積立投資については、毎月の積立金額も積立上限金額を10万円から100万円まで引き上げ、より投資スタイルにあった長期的な資産形成を目指せる設計に変更した。

プランは月に一度買い付けする「月イチつみたてプラン」のほか、価格変動が激しいとされる仮想通貨においても相場の急変動に左右されにくいプランとして、毎日買い付けを行う「毎日つみたてプラン」も提供を開始している。

コインチェックの積立投資を投資初心者や多忙で情報を追えない投資家を中心に有力な資産運用の方法として知られるドルコスト平均法を用いる。

投資成果を約束するものではないが、ボラティリティが激しい仮想通貨の長期的な資産運用方法として、幅広く利用されてきた側面がある。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用