中国で仮想通貨トレーダーの銀行口座凍結事例 資金洗浄捜査が影響か

中国OTCトレーダーの最新事情

中国で、警察当局が一部の仮想通貨OTCトレーダーの銀行口座を凍結する事案が確認されていることがわかった。

中国発の古参ビットコインウォレット・OTC業者Bixinの元スタッフで、現在OTCデスクを運営するSun Xiaoxiaoが国内最大手ブログWeiboに最新の状況を投稿。自分自身の銀行口座が凍結されたことを明かした上で、「これは、私にだけの出来事ではない。他にも数千人の口座は影響されている」と説明した。

口座の凍結は、広東省当局がマネーロンダリングに関わったお金に対する取り締まりに関わるもので、仮想通貨トレーダーを標的とした動きではない。

警察当局が、資金洗浄に使われた人民元を追跡、資金が流れた銀行口座を停止。資金が仮想通貨のOTC取引に利用されていたことで、口座の凍結措置に巻き込まれた格好だ。(必ずしも、OTCトレーダー本人が資金洗浄に関わった意味ではない)

Sunによると、近年疑わしい資産をビットコインやテザー(USDT)に交換する動きが多くなっているため、警察当局も積極的にブロックチェーン分析ツールを導入し、対策を取っている。現時点で、当局による捜査の状況は明らかになっておらず、口座凍結の解除の見通しも立っていない。

中国政府の仮想通貨取引の「禁止政策」を敷く中で、中国人トレーダーにとって、「人民元⇨仮想通貨のOTCルート」が主要なアクセス手段(取引手段)となっている。

禁止措置を講じた2017年以降も取引所等の表立った取引データは確認できないが、OTC取引等を通じて中国元の取引需要は高いことが指摘されている。今回の銀行口座凍結が仮想通貨市場への人民元フローに影響する可能性が危惧されるところだ。

参考:weibo


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します