「Brave」の新ブラウザ アフィリエイト広告問題受け、開発者が立ち上げ

アフィリエイト問題受け、開発者が別ブラウザを立ち上げ

次世代ブラウザ「Brave」で先日起きたアフィリエイト広告リンクの問題を受け、一部の開発者らが新たなBraveブラウザのフォーク(別バージョン)を実行することがわかった。新組織の立ち上げに際し、参加する開発者の募集も行なっている。

Braveブラウザの「アフィリエイトリダイレクト問題」は、ユーザーの関知しないところで、検索時に招待リンク(アフィリエイトコード)へ自動変換される仕組みが埋め込まれていたことが問題視されたもので、Brave上で「Binance」と検索すると、自動的に取引所バイナンスのアフィリエイト・プログラムにリダイレクトされていたとするユーザー投稿をきっかけに、大きな議論に発展した。

その後、Ledger、Trezor、コインベースなどのウェブサイトにリダイレクトする仕組みが明らかになり、最終的には、BraveのCEOはリダイレクトリンクを削除することを発表している。

今回、新ブラウザ立ち上げを行う開発者は、アフィリエイト広告リンク、およびBraveのネイティブトークンBATまで削除する計画を立てている。

新たに立ち上げが構想されている新ブラウザは、「Braver Browser」と名付けられ、現在テストビルドを公開している。「トークン無し、広告ウェア無し、アフィリエイト広告リンク無し」をビジョンに掲げており、従来の広告関連収入モデルを無くすが、広告ブロッカーや、Torネットワークへのアクセス、Webtorrentといった機能はそのまま引き継ぐとしている。

開発者チームはこのように完成版のBraver Browserについて説明する。

テストビルドでは、すでにアフィリエイト広告リンクを無くした。

フルリリースではすべての広告ウェアを無くす予定だ。具体的に、広告閲覧の報酬・ビデオ通話のBrave Together、他社ブランドの壁紙、スポンサーコンテンツ、BATのアイコン、および将来Braveで統合する予定の広告機能を含め、新たにフォークしたブラウザーでは一切無くなる。

Braverのハードフォークを受け本家BraveのCEOは、「アップデートやサービスは今後自分たち(Braver)でリリースしなくてはならない。Braveのリソースは使わせない」と警告、「主要な収入源を絶つことで、今後はドネーション(寄付運営)一択となる。それでは長続きしないだろう」とコメントした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します