ビル・ゲイツの仮想通貨への批判的発言が大きな反響を呼ぶ

ビル・ゲイツ氏が仮想通貨を批判
世界第2位の富豪であるビル・ゲイツ氏が、RedditのAMAで仮想通貨批判を繰り広げたことで、Twitterで様々な反響を呼んでいます。
一貫したスタンス
ゲイツ氏は、以前から仮想通貨の匿名性を非難してきました。投機的ブームに対しても警鐘を鳴らしています。

仮想通貨は本当にナンセンスなのか?

Microsoft創設者にして、長者番付世界第2位の「ビル・ゲイツ」氏は、火曜日のRedditの「Ask Me Anything(私になんでも聞いてくれ)」セッションで、仮想通貨に対する批判を繰り広げました。

彼の発言に対し、一部のソーシャルメディア論評者が怒りを表明しています。

仮想通貨に関する質問に対し、『政府がマネーロンダリングやテロ資金供給を追跡することは、「実に良いこと』だと述べました。

さらに、ゲイツ氏はこう続けます。

「現在の仮想通貨は、(麻酔や鎮痛、疼痛緩和の目的で利用される合成オピオイド)や、ドラッグの購入に使われているため、直接的な死因に繋がるケースが散見されます。私は、ICOや仮想通貨に関する投機的なブームは、非常にリスキーだと考えています。

当然、仮想通貨界は、この発言を看過できません。

Twitterでは、彼の”発言の真意”を推し量るとともに、技術的根拠も含めて批評を開始しました。

ベンチャーキャピタリストの「Anthony Pompliano」氏は、仮想通貨は、厳密には”匿名ではない”と指摘、ゲイツ氏の懸念点は従来の法定通貨にも当てはまると指摘しました。

Pompliano氏は、ゲイツ氏について「テロ資金供給とマネーロンダリングという使い古されたことしか言ってない」と書きました。

ビットコイン開発者「Udi Wertheimer」氏は、「仮想通貨は、法定通貨以上に『直接的な死因』になったことはない」と指摘しています。

「Reddit bitcoin」のサブディレクターである司会者は、より深く言及しており、

仮想通貨の主要な特徴は、(匿名性よりも)不変性とトラストレスなトランザクションをサポートする能力である。

「KYC(本人確認)」とマネーロンダリング対策法は、ユーザーが匿名で仮想通貨を購入、現金引出しすることが難しくなり、違法商品の購入を思いとどまらせている」

と加えました。

ゲイツ氏の発言を一笑に付したユーザーも少なくありません。

Coin Centerのコミュニケーション責任者である「Neeraj Agrawal」氏は、ゲイツ氏が「壊れたノーコイナーに過ぎない」とジョークを飛ばし、@WhalePandaはゲイツ氏のことを「億万長者の老人が”ビットコインで叫んでいる”」とツイートしました。

@DanDarkPillは、ビットコインのユースケースを見つけた上で、ゲイツ氏にバナナを買ったことを伝えました。

全てのユーザーが、厳しい反応を示していたわけではありません。

あるユーザーは、「ゲイツ氏ほどの富豪が”インターネットを使った金儲け”を徹底的に調べるわけがなく、大して気にならない」と指摘しています。

一貫したスタンス

ゲイツ氏は、以前から仮想通貨の「透明性の欠如」について非難していた節があります。

2014年のAMA(私になんでも聞いてくれ)期間中には、ビル&メリンダ・ゲイツ財団がデジタル通貨に力を入れてましたが、「ビットコインのように匿名ではない」と語りました。

当時の彼は、ビットコインに対して現在よりも寛容でした。

ビットコインは物理的に同じ場所にいる必要がないという点で、法廷通貨よりも優れている」

2015年には、ビットコインのような仮想通貨の可能性が大きいと見えていましたが、将来の決済システムになるとまでは考えていませんでした。

Bill Gates’ ‘Nonsense’ Crypto Comments Draw Twitter Ire

Feb. 27, 2018 by AltocoinToday.com

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加