仮想通貨デビットカード利用停止に、ワイヤーカード子会社の業務停止命令で

MCOとTenXが全額返金

仮想通貨関連企業Crypto.comとTenXが提供するVisa仮想通貨デビットカードは26日より欧州にて利用不可能となった。顧客に資金の全額返金(100%)を行うと発表した。

その背景は、イギリスの金融庁(FCA)が26日、それらの仮想通貨デビットカードを発行するWirecard Card Solutions(WCS)に業務停止命令を下したことだ。

Wirecard Card Solutionsはドイツ大手フィンテック企業ワイヤーカード(Wirecard AG)の子会社で、ワイヤーカードは25日、19億ユーロ(約2280億円)の現金行方不明に関する「不正会計疑惑」で、破産手続きの開始を裁判所に申請。また、ドイツ検察当局は23日、同社の前CEOマークス・ブラウンを市場操作の疑いで逮捕した。

FCAの命令の影響で、Crypto.com社は顧客がカードを利用するのが不可能となっていることをSNSで伝えた。顧客の資金に関して、「資金はすべて安全で、48時間以内に利用者の仮想通貨ウォレットに資金が全額戻される」と説明している。

また、次期カード発行企業に関して、Crypto.comのCEOは現在新たなベンダーに移す準備をしているとも明かした。

TenXも公式SNSでワイヤーカードの件が原因でカードの利用が停止されたと発表。顧客の資金が保証されており、ウォレットのサービス自体も通常通りに使えるという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用