独ワイヤカード子会社、業務再開へ 英FCAが業務停止命令を解除

ワイヤカードの業務再開に

イギリスの金融行動監視機構(FSA)が30日、ドイツ大手フィンテック企業ワイヤーカードのイギリス子会社Wirecard Card Solutions(WCS)に対して、業務停止命令を解除したことがわかった。WCSは業務を再開できるようになる。ロイターが報じた。

Crypto.comやTenXがブランディングする仮想通貨デビットカードを発行していたWCSは26日に、FCAから業務停止命令を受けた。理由は、親企業ワイヤーカードをめぐる19億ユーロ(約2280億円)の現金行方不明および「不正会計疑惑」にあり、FCAは消費者の利益を保護するためとしていた。親会社のワイヤーカードはドイツで破産の手続きを行なっている。

今回FCAは、「WCSがFCAおよびその他の規制機関と連携し、業務停止命令の解除にあたる条件を満たす状態に達していた」と説明し、「顧客はこれからWCSの発行するカードを再び利用できるようになる」と明かした。

WCSの業務停止命令の発表を受けたCrypto.comはそれらのVisa仮想通貨デビットカードが欧州で利用不可能となったと発表し、預かっていた資金を顧客に全額返済するとした。また、新たなカード発行企業に業務の委託を移すとも計画している。

更新内容

仮想通貨決済カードMCOを提供Crypto.comはWCSの解除を受け、新たな発表を行なった。

内容によると、先日利用停止となったMCOのVisaカードは欧州・イギリスで再び利用可能となる。

また、顧客にカード口座の資金を全額返金したため、利用するためには再び入金する必要があるとしている。

参考:ロイター


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用