ビットコインクジラ、4年ぶりに「新たな傾向」 資産10億円超の大口投資家調査=Glassnode

ビットコインクジラの変化

データ企業Glassnodeの最新レポートによると、ビットコインクジラ(大口投資家)が2016年以来4年ぶりに増加傾向に転じた。法定通貨換算の資産額では、個々のクジラの平均資産額は減少しており、より分散化される傾向にあるという。

Glassnodeが定義するクジラは、1000BTC以上を持つアドレスのことで、現在、900万ドル(約10億円)相当のビットコインを保有する投資家がこれに該当する。

クジラが4年ぶりに増加

最新のデータでは、クジラの数(赤線)は2016年をピークに、右肩下がりの推移を示していたが、今年1月から増加する傾向に転じた。4年間下火にあったビットコインの大口投資家数に変化が生じている。

出典:Glassnode

現在1800のアドレス数が10億円以上保有している状況で、GlassnodeはBTCをため込む投資家の数は、2016年の最高値を再び超える可能性があると予測している。

一方、クジラが所有する全体ビットコインの数は計550万BTCほどで、2016年の約670万BTCと比較して、低い水準にある。これは、1アドレス辺りの所有量が分散してきた傾向を示すデータになる。

2016年と2020年のBTC価格比較すると5倍以上の差があり、大口投資家一人辺りのBTC保有数が増加することは難しく、BTCの保有状況が寡占化していくことは起こり得ないのではないか、とGlassnodeは分析している。

今回の統計結果を受けユーザーからは、「クジラの数およびそれらの所有するビットコイン数が2016年〜2019年の間減少していた理由では、2017年のバブル相場に際してクジラが大量に売却を行なっていたことが一要因になる」「今年のクジラの増加はビットコイン半減期に向けて買い集めを盛んに行なっていた」とのコメントが見られた。

出典:Glassnode

クジラ富の格差

クジラの所有するビットコインの全体価値(米ドル建て)については、現在も2016年から17年当時と比較して低い水準にある。

全体価値が最も高かったのが2017年末のバブル相場時で、1000億ドルを超えていた。再びこの価値の水準に達するには、ビットコイン自体の時価総額が大幅に上昇する必要がある。

出典:Glassnode

また、クジラの全体数についてGlassnodeは、個別クジラが保有するビットコインの平均数は2011年から減少している傾向を「シロナガスクジラ」よりも、「シロイルカ」のような小型クジラが増えていると喩えた。

この傾向は、元々クジラではなかった投資家が2018年の底値や今年のコロナショックによる大暴落後に安値でビットコインを購入して、大口投資家が増えた傾向を示しているのかもしれない。

出典:Glassnode

参考:Glassnode


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します