米CMEビットコイン先物、「窓」は25ドルに

CMEのビットコイン窓価格

CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン先物で、新たな「窓(ギャップ)」が確定した。先週末の終値9,125ドル(981,311円)に対し、始値が9,100ドル(978,623円)となり、25ドルの窓(ギャップ)で取引が開始した。

米ドル建9000ドル、日本円建てで100万円前後のレンジ相場で推移するビットコインは、6月末から極端にボラティリティが低い推移が続いている。米国時間金曜日(日本時間土曜日)に大幅変動することが多かった週末のビットコイン相場も約1ヶ月に渡って影を潜めている。

出典:CME

CMEの窓価格では、6月1日の35ドルを皮切りに、6月8日の10ドル、15日の135ドル、22日の10ドル、29日の75ドルと今回の25ドルを含め6連続で相場の週末変動率が低い推移が続いている状況にある。

CME 窓

24時間365日動くビットコイン(BTC)市場に対し、毎週金曜16:00(CST)から日曜17:00(CST)までが休場となるCMEのビットコイン先物は、その間に急騰・急落したケースで、CMEのチャート上にギャップが生じる「窓」を形成する。土日に価格が乱高下したケースで生じるギャップは、その後、窓埋めのアノマリーを意識した市場の値動きが度々確認されたため、市場が意識するポイントになる。

ビットコイン市場では、相場が急変動した今年2月以降、4回連続で窓埋めを意識した値動きが観測されており、週明けの相場では意識される材料になっていた。

出典:Tradingview


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します