金融活動作業部会(FATF)、10月に国際的な仮想通貨規制で会合

FATFの会合予定

金融活動作業部会(FATF)が今年の10月に、仮想通貨(暗号資産)のグローバル規制に係る会合を行う。G20が火曜日に公開した報告書で判明した。

予定する会合の主な目的は、グローバル規制を強化するフレームワーク(枠組み)の制定だ。報告書では、各国の規制者がFATFと協力し、「トラベル・ルール」をより効果的にする必要があると強調した。

トラベル・ルールとは、資金洗浄等防止のため国際的な電信送金に関するルールで、仮想通貨取引所などのサービス・プロバイダー(VASP)には取引の際、送金者と受取人の情報を収集・交換し、その情報の正確性を保証することも求められる。

対象となるVASP間の仮想通貨送金で、国際的なKYCルールが適用されることになる。

会合要点

10月の会合では、「トラベル・ルール」の施行を促進するために、国際的フレームワークを作り、各国の規制当局や中央銀行がVASPの情報交換・相互協力を強化する。

グローバル規制を強化する共通のフレームワークを確立することで、仮想通貨・ステーブルコインに対する規制を適用しやすい国際的な仕組み化を図る。また、加盟国には、資金洗浄などの違法行為の可能性を示す「危険信号リスト」の提供も予定する。

報告書では、テザーなどの「ステーブルコイン」についても言及し、近い将来、各国の規制者に向けて規制のガイダンスを提示する予定を明確にしている。

参考:FATF


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します