「順調な進捗を示唆」イーサリアム開発コアメンバー、2.0ローンチは年内見込みと回答

Schoedon氏、イーサリアム2.0の今年末までのローンチを示唆

仮想通貨に特化する投資ファンドParadigmは、イーサリアム2.0開発のコアメンバーのひとりであるAfri Schoedon氏へインタビューを実施。Schoedon氏は、市場期待を一身に背負う「イーサリアム2.0」のローンチは今年11月頃になる、との見解を示した。

イーサリアム2.0のローンチタイミングについての質問に対し、Schoedon氏は「クライアントやプロトコルに対する重大なバグや問題が生じない限り、イーサリアム2.0ビーコンチェーン(beacon chain)は、今年11月にローンチできる見込みだ」と回答。開発が着実に進捗していることを伺わせた。

ローンチまで順調な進捗

イーサリアム2.0がローンチされる条件2つ。デポジットコントラクトの実装と、ETH2.0に関わる全クライアントがv0.12.1に対応することだ。デポジットコントラクトとは、フェーズ0にあたるビーコンチェーンでステーキングを行うためのコントラクトで、イーサリアム2.0以降において重要なコントラクトのひとつ。イーサリアム2.0のメインネットでは、このコントラクトの使用が推奨されている。

Schoedon氏によると現在、少なくとも5つのクライアントがEthereum 2.0仕様の最新バージョンに対応しているという。今年6月に行われたAMAでは、イーサリアム最新クライアントに対応しているものは1つしか存在せず、新たに4つが対応中、と発言していたが、約2ヶ月でそれらの対応が完了したことがわかる。

イーサリアムのマルチクライアントテストネット、Altonaは6月29日にローンチされた。彼曰く、4つのクライアントはGenesis、新たに追加された1クライアントはLodestarを使用。イーサリアム2.0メインネットローンチの最終段階にあたる、マルチクライアントテストネットMedallaへの準備が整いつつあるようだ。

Schoedon氏のイーサリアムエコシステムに対する見解

Schoedon氏はイーサリアム開発に多大な功績を残している人物で、イーサリアムソフトウェアクライアント「Parity」にはリリースマネージャーとして、イーサリアム大型アップグレードのひとつ「コンスタンティノープル」にはコーディネーターとして参画。「Polkadot」開発にも携わった人物として、業界内で広く知られている人物のひとりだ。

インタビューの中で「DeFiのイールドファーミングについてどう思うか?」と聞かれた彼は、自身はレイヤー1に特化しているため、最近のDefiについては追いかけていないと回答。

イーサリアムのスケーラビリティ問題の解決策として実装が進むシャーディングについては、そのセキュリティを高めるためにNightshadeのホワイトペーパーを参照していること、NEARプロトコルのコミュティが開発者に提供している価値について一定の評価をしている、という旨の発言も見られた。

参照元:Interview with Afri Schoedon — the pioneer of ETH2 multi-client testnets


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します