CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 モネロ(Monero)とは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リング署名により取引履歴のトラッキングが困難な匿名通貨
ミキシングと同等の効果を得られる技術によって取引に高い匿名性を提供。
閲覧鍵と送金鍵を合わせた堅牢なセキュリティ
取引ごとにユーザーアドレス+ワンタイムアドレスを生成することで、取引履歴の追跡の難易度を高める。
匿名性の高さが値動きの乱高下を呼ぶ可能性も
ダークサイトでの決済手段に採用されることも多く、公的機関の動きによってレートが大きく動くリスクを内包。
目次
  1. 概要
  2. 歴史
  3. 特徴

Moneroコインの概要

 
通貨コード XMR
取引開始日 2014年04月18日
暗号化方式 Crypto Night(Bytecoinのソースコードを踏襲)
認証アルゴリズム Proof of Work
発行上限 なし(18,400,000XMR発行後、0.3XMR/分発行)
現在の流通量14,835,817XMR
ブロック生成間隔約2分
ブロックチェーンURL ブロックチェーン公式サイト
Monero公式サイト https://getmonero.org/
WhitePaperホワイトペーパー公式サイト

Monero(モネロコイン)の特徴は、「ワンタイムリング署名」による匿名技術と、ワンタイムパスアドレスによる高いセキュリティ性能です。

取引履歴を公開・ユーザー同士で監視しようとするブロックチェーンとは真っ向する考え方を持ち、 Moneroでは取引履歴のトラッキングが極めて困難となっています。

一般的な仮想通貨
取引台帳(ブロックチェーン)をユーザー間で監視、健全性を高める
匿名性の高い仮想通貨
取引履歴をトラッキングできず、守秘性が高い

また、一部のダークマーケット(闇市場)では、取引履歴を追えないMoneroの技術に注目し採用してきた、という背景も人気の理由の一つです。

そして注意すべきは、ダークマーケットの摘発がMoneroを含めた匿名暗号通貨の値動きにダイレクトに影響を与えるということです。

2017年7月にも闇サイト「AlphaBay」は複数回摘発されており、 2017/7/4-2017/7/12にアクセス制限がかかった直後に仮想通貨全体の価値が大きく下がったことは見逃せません。

Moneroの歴史

2012年07月に公開されたBytecoin(バイトコイン)のソースコードが元になっています。

Bytecoinの派生元はBitcoinであり、ブロックチェーン技術の匿名性の低さを懸念したグループからハードフォークしたのが始まりです。

匿名性を重視したコインがBytecoinですが、 Moneroの他にもあります。

  • DASH(dashcoinは別物です)
  • ZCash

ビットコインのセキュリティが脆弱という訳ではなく、ビットコインは取引履歴の透明性を追求しつつ、すべてを公開しながらみんなで監視するシステムを組むことに焦点を置いています。

Moneroとの比較は「取引履歴(ブロックチェーン)を追跡できるかどうか」に焦点が当てられています。

値動きの変遷

匿名性の高さが原因として、ダークサイト(闇市場)の運営状況に強く影響を受ける傾向があります。

時系列 円建レート 評価
2014年4月~ ¥500 Monero公開直後の価格
~2016年8月 ¥50〜¥200 マウントゴックスのビットコイン消失事件の影響を大きく受ける
2016年8月~ ¥1,300 ダークサイトにて決済通貨としてMoneroの採用が決定
2016年10月~ ¥500 売り勢力が強まり下落
2017年3月~ ¥2500 大手銀行の仮想通貨参入などニュースを受け、仮想通貨に大きな転機が訪れる
2017年7月~ ¥4,000 ビットコインのSegwit2.0導入を受け避難先としての買注文が濃厚か?

2014年4月にMoneroが公開後、間も無く円建てレートで500円を超えました。

しかし、その後は下落し2016年8月までは50円〜200円の間で推移していましたが、8月下旬から約1,300円まで急騰しました。

これはダークサイトがMoneroを決済通貨として使用すると発表したためですが、売り勢力が強まり、2016年10月には500円になり、また急騰し2017年3月には2,500円を超え、7月には4,000円を超えました。

Moneroは匿名性の高い通貨のため、一定の需要があり、今後も価格は上昇する可能性があります。

ブロックサイズ制限がないため、ビットコインのようなスケーラビリティ問題が起こりにくいことも人気の理由の一つです。

--!>

特徴

Moneroの特徴は、何と言っても取引の匿名性にあります。

また、承認時間が早いことでビットコインのようなスケーラビリティ問題・51%攻撃などの悪意ある攻撃を受けにくいというデメリットもありません。

ビットコインの取引流通量や知名度には敵いません。

しかし、ハッキングのリスクに常に晒される仮想通貨業界にとって、今後Moneroの匿名技術は今後さらに注目を集めていく可能性があります。

リング署名

一般的な仮想通貨の取引は、公開鍵さえわかれば取引履歴はブロックチェーンから容易に特定されてしまいます。

リング署名とは、公開鍵を複数人のグループで生成、さらに署名はグループの誰かであることを証明する技術を指します。

複数人による署名を行うため個人を特定することが難しくなります。

さらに、匿名性を保つミキシングと異なる点は、

匿名グループを自動で編成・再編成するために取引時に混ぜ合わせる媒介を必要としない点です。

一般的な送金
  • 公開鍵のアドレスを署名
  • 秘密鍵のアドレスを署名
リング署名の送金
  • 複数人のグループ(自動生成&自動入替)による署名
  • ワンタイム秘密鍵による署名

この技術は仮想通貨取引だけでなく、組織内の内部通報者を守るための匿名技術にも利用されています。

東芝と電気通信大学が開発「署名生成事実のない利用者は否認できる「リング署名方式」

組織内部問題の対策・改善のために情報は必要だが、密告者は復讐を受けるリスクを伴います。

こうした危険性を回避するためにも、リング署名技術の匿名性は生かされています。

ワンタイムアドレス

Moneroのアドレス(プライベートキー)は2種類あります。

閲覧用アドレス
取引履歴を確認することができます。一般には公開されません。
送金用アドレス
取引の際に、送金用アドレスに加えて取引ごとにワンタイムパスワードが発行されます。一回切りのアドレスになるため、外部から追跡することはできません。

取引アドレスが使い切りのアドレス(かつワンタイムパスを含む長い文字列)であると同時に、閲覧用アドレスが分離されていることにより、一般的な仮想通貨と比較して匿名性・セキュリティが大きく向上していることが特徴です。

閲覧用アドレスを公開すれば、取引履歴を確認することは可能です。

高速取引

Moneroの取引の承認までの時間は、2分です。

ビットコインの承認時間は10分程度となっているため、非常にスピーディな取引が可能となっています。

また、2017年7月に問題になったSegwit2.0のようなスケーラビリティ問題に発展しにくいことも特徴です。

マイニング

CPU
CPU(=処理・演算速度)を提供することでマイニングを行います。
GPU
CPUが計算が得意なことに対し、GPUは画像処理が得意分野となります。
ハードウェア
私生活・一般的な家庭では使用されることのない特殊な機材を使用します。

CPU・GPU含め、マイニングはどの仮想通貨も一般家庭用・一般企業の事務用PCでは到底処理速度に追いつくことはできません。

Moneroコインの今後の動向

ダークサイトに値動きが大きく左右されることは懸念点ではあります。

しかし、2017年3月に暗号通貨の時代が再到来して以来、7月には時価総額が700億円にまで登り、その価値は有象無象のアルトコインの中でも異様な存在感を放っています。

Moneroのレートが大きく動いた時は社会の裏側でも何かが起こっている可能性があるため、公的機関もおそらくこれを見逃さないため、ニュース情報は確実にキャッチしておく必要があります。

一触即発のハイリスク・ハイリターンの仮想通貨となるため、1ヶ月以上を見越した長期のスイングトレードのような取引手法はお勧めできません。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/27 火曜日
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧