バイナンス、29日のカルダノ(ADA)大型アップグレードに対応へ

バイナンスが対応

仮想通貨取引所バイナンスは28日、カルダノ(ADA)の大型アップグレード「Shelley」への対応を正式に発表した。

「Shelley」の実装日程が7月29日で、バイナンスは29日22時(日本時間)よりADAの入出金を一時中止する。「アップグレードされたネットワークが安定して稼働することが確認できれば、入出金を再開する」と説明した。

ADAの開発は主に、Byron(バイロン)、Shelley(シェリー)、Goguen(ゴーグエン)、Basho(バショウ)、Voltaire(ボルテール)の5段階に分かれている。今回実装されるShelleyはネットワークのステーク委任で、ノード運用の分散化をより進める機能を果たすものになる。

参考:バイナンス


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します