海外大手取引所コインベース:仮想通貨インデックスファンド事業に参入

仮想通貨インデックスファンドに参入
海外の大手仮想通貨取引所「Coinbase Inc.」は、投資信託と同じように仮想通貨インデックスファンド事業に参入することを発表しました。

仮想通貨インデックスファンド

海外の大手仮想通貨取引所「Coinbase Inc.」は、アセットマネジメント(投資家のために資産(asset)を総合的に管理運営する投資顧問業務のこと)事業に参入する際、デジタル通貨の加重平均を使用したインデックスファンドに乗り出しました

インデックスファンドとは

「日経平均株価」「TOPIX」などの市場平均(ベンチマーク)と同じような動きをする運用を目指すファンド。投資信託の一種で、パッシブファンドとも呼ばれる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

CoinbaseのCEO兼COO「Asif Hirji」氏は、火曜日の午後、CNBCの“Fast Money” にて、次のような発表を行いました。

私たちの取引所で提供する通貨資産にアクセスできる簡単な方法です。

とCNBCに語りました。

本拠地をサンフランシスコに置くスタートアップの株価は、約16億ドルに到達、11月には証券仲介機関であるチャールズシュワブ証券(Charles Schwab Corp.)を上回りました。

顧客口座では、2.09%増のSCHW(株価)をみせ、新コインベース・インデックス・ファンドは、顧客に会社の取引所にリストされているすべての資産をエクスポージャーするでしょう。

今のところ、それは「ビットコイン、ビットコイン・キャッシュ、イーサリアム、ライトコイン」の4つの通貨に限定されており、時価総額の加重平均ベースになります。

「幅広い範囲の資産に多様な投資比率を提供することにより、インデックスファンドは投資家が個々の資産を選択するのではなく、資産クラス全体のパフォーマンスを追うことができます」

コインベースのプロダクトマネージャーの「Reuben Bramanathan」は、ブログ記事内で

ブロックチェーンベースのデジタル資産全体のポテンシャルに顧客が投資できるようになったことを大変うれしく思っています。

と述べています。

コインベースが新たに追加のデジタル通貨を上場させると、自動的にインデックスに追加されます。

CoinMarketCap.comによると、仮想通貨業界は過去1年間で急増しており、火曜日の時点で約4,000億ドルの時価総額となっています。

仮に昨年の時点で、Coinbaseのインデックスが存在していた場合約995%上昇していたことでしょう。

Bramanathan氏は「Bloomberg News」に対し、インデックスファンドは今のところ100万ドル以上の純資産、または年間20万ドル以上の収益がある米国の投資家に限定されており、最低投資額は10,000ドルに設定されると述べました。

Coinbaseは、「最終的に規制上のハードルをクリアすることで、取引所、兼ファンドの形で全投資家に対する取引開始を望んでいる」と語りました。

Coinbase launches its first index fund for cryptocurrencies

Mar 6, 2018 8:46 p.m. ET

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加