中国の規制当局:WeChat上の複数仮想通貨取引所のアカウントをブロック

wechat上で取引所アカウントがブロックされる
中国メディアであるCaixinは、中国の規制当局が、「WeChat」上でいくつかの取引所(OKEXを含む)のアカウントをブロックした、と報じました。
国内主導取引所の噂
中国人民政治協商会議(CPPCC)のWang氏は、中国人民銀行や中国証券監督管理委員会の協力のもと、規制された仮想通貨取引所を構築すべきだと発言した。

WeChat上の取引所アカウントがブロックされる

3月6日、中国メディアのCaixinは、中国の規制当局が、国内最大のソーシャルアプリ「WeChat」上でいくつかの取引所(OKEXを含む)のアカウントをブロックした、と報じました。

以前より、中国は、国内の仮想通貨取引及び、ICO関連のウェブサイトへのアクセスをブロックする、と報じられていました。

CoinPost関連記事

中国:国内外の全仮想通貨、ICO関連サイトへのアクセスを遮断する
中国の中央銀行は国内のトレーダー及び、投資家達が国外の仮想通貨取引所を使用する事を禁止するために、さらなる効率的なファイアーウォールの構築を進めている。

中国はICOの全面禁止後、国内仮想通貨取引所を停止させる命令をするなど、仮想通貨に対し厳しい姿勢を見せています。

中国政府が国内投資家の取引所への資金流入を抑えたいと考えていることは何度も指摘されてきたことですが、今回もその考えに基づいた行動だと推察されます。

国家主導の取引所の噂?

中国人民政治協商会議(CPPCC)のWang氏が、ブロックチェーンや仮想通貨に焦点を当てた提案をしたことで話題になりました。

その内容は、中国人民銀行(PBOC)や中国証券監督管理委員会(CSRC)の協力のもと、規制された仮想通貨取引所を構築すべき、というものです。

仮想通貨業界へのチャイナマネー流入復活の可能性浮上により、仮想通貨界隈で一時話題になりました。

この案は、まだ正式に決定している訳ではないため、直ちに状況が改善する見込みはそれ程高くないと思われます。

しかし一方で、中央集権的な仕組みで実行出来るのであれば、政府が許容する可能性もあります。

3月4日に開かれた、全国人民代表大会では、中国の金融規制当局関係者が、ブロックチェーンは完全に分散化されず、中央集中型システム上に構築される方が、より効果的に機能すると述べています。

CoinPost関連記事

中国金融規制当局:ブロックチェーンは中央集中基盤上でより効果的に機能すると主張
中国の金融規制当局関係者が、ブロックチェーンは完全に分散化されず、中央集中型システム上に構築される方が、より効果的に機能するとの考えを述べました。ここから中国政府のブロックチェーン技術に対する姿勢が読み取ることが出来るかもしれません。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加