高値圏で推移するビットコイン、RSIは1年ぶりの過熱帯に滞在

株式市場と仮想通貨

米ニューヨーク市場は、ダウが前日比160ドル高で取引を終えた。

28、29 両日に開催された連邦公開市場委員会(FOMC)で、金利誘導目標レンジの据え置きを全会一致で決定した。

パウエル議長は「新型コロナ感染拡大のなか、経済はかつてない深刻な状況にある。」との認識を示し、声明では「支援のためあらゆる手段を尽くす。雇用最大化と物価安定の促進に全力で取り組む。」と力強いメッセージを発した。

新型コロナウイルスの収束には、有効なワクチン・治療薬が承認され、各国の医療機関に出回ることが必要不可欠だ。

欧州連合(EU)は、米ギリアド・サイエンシズの新型コロナウイルス治療薬「レムデシビル(ベクルリー)」の供給で同社との合意に達した。約78億円)相当の契約を結んだという。

ビットコイン動向

仮想通貨市場では、ビットコイン(BTC)は、前日比+1.5%の116.1万円(11,040ドル)で推移。

急騰した28日には、11400ドルから10590ドルまで下がる場面があるも、その後は高い水準でもみ合っている。

懸念点は、相場の過熱感を示す日足RSIが80を超え、1BTC=14,000ドルを付けた昨年6月下旬の水準に匹敵すること。11400ドル(120万円)水準を上抜けるためには、日柄調整をこなさないと健全な上昇は見込めないようにも思われる。いずれにしても、取引所の金利動向や未決済建玉(OI)推移などを含め、注意が必要な局面だ。

Bitinfochartsからのデータによると、ビットコイン(BTC)の取引手数料は、過去3日間で2倍に達している。

Mempoolのデータは24日頃にピークに達し、約80メガバイト相当のトランザクションがネットワークで処理されるのを待っていた。高騰するイーサリアムのネットワーク料金も平均で1.4ドルと急上昇しており、今月は180%上昇した計算になる。取引手数料の急騰は、CompoundやUniswapなどのDeFiアプリにも影響をもたらすことになる。

XRP動向

SWELLの影響で高騰したXRP(リップル)であるが、長らく下落トレンドで上値抵抗線も少なくない。

XRP/USD 週足チャート

Cactus(@TheCryptoCactus)は、高騰したXRP(リップル)の0.25ドル(26.2円)の抵抗帯から再下落するシナリオを想定した。一方で、これらをブレイクして続伸すれば、週足・月足の形状にて、典型的な大底からの反転チャートが見込めるか。

GMOコインの業績

GMOフィナンシャルホールディングスは29日、決算(2020年12月期 第2四半期決算)を発表した。

2020年12月期第2四半期は、4-6月に該当する。

傘下の仮想通貨取引所GMOコインにおける暗号資産事業は、ビットコインを中心に4月末から5月にかけてボラティリティが上昇するも、6月以降は相場低迷を受けて低調に推移した。取引高は増加するも、カバーコストの増加により収益減となり、収益性の向上・安定化に向けたカバーロジックの改善が急務だとした。

オンラインによる本人確認を導入。最短で申込み当日から取引可能となったことで、顧客基盤は順調に拡大。口座数は、前期末の27.1万から31.9万まで増加した。

GMO決算資料

売買代金シェアも、業界全体の売買代金の17.6%と堅調に推移。顧客属性では、男性比率81.6%に対し女性比率は18.4%。年齢別では30〜40代が大半を占める。

GMO決算資料

一方、売買代金は前年同期4.1兆円に対し、3.0兆円に減少。 株の売買代金3.4兆円とほぼ同水準だが、GMOが主力とするFX事業では、取引高は341兆円に及ぶ。

営業収益は、2020年1-3月が11.9 億円に対し、4-6月は6.8 億円 (△42.6%) 営業利益は、2020年1-3月が5.6 億円に対し、0.3 億円 (△93.7%)と大幅に減少。今年5月に半減期を迎えたビットコイン(BTC)市場だったが、1〜2月の上昇相場と3月のコロナショックによる歴史的なボラティリティで発生した投資特需と比較すると落ち込みが目立った。

なお、GMOコインは5月1日に「第一種金融商品取引業者」登録が完了しており、他社に先駆け今後のサービス拡充が期待される。

GMOHDは、の新規銘柄の取り扱いを開始する等サービスの拡充を推進し、さらなるシェア獲得を目指すとした。仮想通貨取引所GMOコインは22日、販売所サービス・暗号資産 FX サービスにて、オーエムジー(OMG)を取扱開始したことを発表している。

オーエムジー(OMG)は、2017年に「OmiseGo」として開発・運営がスタートし、2020年6月1日にOMG Networkへとリブランディングされたコインだ。OMG Networkは、USDT発行にも利用されるイーサリアムのブロックチェーンにおけるスケーラビリティを向上させるためのセカンドレイヤーのソリューションとして期待されている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します