CoinPostで今最も読まれています

bitFlyerとBraveが共同開発、Braveブラウザで仮想通貨BATの受取・利用が日本で初めて可能に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

日本初、BraveブラウザでBATの受取が可能に

国内最大手仮想通貨取引所bitFlyerを運営する株式会社bitFlyerは30日、ブラウザ Brave を提供する Brave Software, Inc.の子会社で、ブロックチェーン関連業務を行うBrave Software International SEZCと、Brave ブラウザ内で使用できる仮想通貨(暗号資産)ウォレットを共同開発することを発表した。

本サービスにより、利用者はBraveブラウザ上の広告視聴等によって暗号資産ベーシックアテンショントークン(BAT)を受け取り、そのBATをbitFlyerで売却できるようになる。

また、bitFlyer で購入したBATをBraveブラウザ上で利用できるようになる。本サービスの提供開始は、2020年11月頃を予定している。

bitFlyerは今年4月、Braveブラウザ上で流通する暗号資産であるBATの取扱いを開始。bitFlyerとBrave Softwareは、7月9日に業務提携に関する基本合意書を締結し、bitFlyerはBraveブラウザの暗号資産ウォレット領域における日本初のパートナーとなっている。

関連:bitFlyer、仮想通貨BATの取扱い開始 新規アルト採用はXRP以来4ヶ月ぶり

関係者のコメント

■株式会社 bitFlyer 代表取締役 三根 公博氏

この度、Brave ブラウザの暗号資産ウォレット領域における日本初のパートナーシップを締結できたことを、嬉しく思います。

bitFlyer の強みである高度なセキュリティを活かし、Brave ブラウザユーザーに安心して暗号資産をご利用いただける環境を提供します。Brave ブラウザは、ブラウジングという極めて日常的な行為の中で暗号資産を入手したり使えたりする機会が持てることで、投資対象としてだけではない暗号資産の新たな可能性を示すモデルケースになると考えています。

これまで暗号資産に触れてこなかった方にも、Brave ブラウザを通じて暗号資産を保有・ご利用いただく機会が増えることでより一層、暗号資産を身近に感じていただけるようになります。

bitFlyer はこれまでも、ビックカメラへのビットコイン決済サービスの提供や、T ポイント・ジャパンとの業務提携により保有している T ポイントをビットコインに交換できるようにするなど、生活の中で暗号資産に親しんでいただける取り組みを行ってまいりました。

今回の Brave Software とのパートナーシップにより、暗号資産に実需を生み出すことと、これまで暗号資産に触れる機会のなかった多くの方に暗号資産を経験してもらえるようになることを期待しています。

これは bitFlyer のミッションである「ブロックチェーンで世界を簡単に。」の実現に近づくものであると確信しています。そしてこれからも、bitFlyer は暗号資産の普及に努めてまいります。

現在、Brave Software と協力し本サービス提供の準備をしていますので、提供開始まで楽しみにお待ち下さい。

■Brave Software Asia 株式会社 代表取締役 嶋瀬 宏氏

bitFlyer とのパートナーシップを締結できたことを大変嬉しく思います。

本サービスは、日本のインターネットのエコシステムを大きく変えるために必要不可欠な機能の一部であり、消費者に大きなメリットをもたらすものとなります。

これまで、消費者のプライバシー情報およびアテンションをマネタイズすることにより、一部の事業者のみが大きな利益を得る一方で、コンテンツを提供するクリエイターや消費者への還元は限定的なものとなっておりました。

Brave ブラウザでは、これまでのエコシステムで犠牲となっていた消費者のプライバシー、インターネット速度、通信費を守りつつ、消費者のアテンションに対して、適切な報酬が支払われ、お気に入りのクリエイターや組織を支援できるような世界を作ることに尽力しています。

bitFlyer とのパートナーシップは、この消費者中心のインターネットを再構築する上での大きな一歩であり、今後の展開を楽しみにしていただきたいと思います。

【Brave Software, Inc. について】

Brave Software は、高速でプライバシー重視型のブラウザと、ブロックチェーンベースのデジタル広告プラットフォームの提供を通じ、ユーザー、パブリッシャーそして広告主にとってより良いインターネットを再構築しようとしています。

ユーザーにはプライバシーが尊重され、かつ高速なウェブブラウジング体験とバッテリー節約効果を提供します。同時にパブリッシャーは収益を拡大することができ、広告主はコンバージョンを向上させることができます。

ユーザーはプライバシー重視型の広告にオプトインし、広告を表示すると航空会社のマイルのような形でトークンを受け取ることができます。このトークンはパブリッシャーやコンテンツクリエイターへのチップに使用することができます。

Brave のソリューションは、オープンウェブに参加する、プライバシーと収益をアドテクノロジー業者に渡すことに不安を感じるすべての人にとって、win-win のソリューションです。

Brave ブラウザは現在、1,500 万人以上の月間アクティブユーザーと 70 万人以上の認証済みパブリッシャーを抱えています。Brave Software は、JavaScript の生みの親であり、Mozilla(Firefox)の共同創設者でもある Brendan Eich と、元 Khan Academy、Mozilla の Brian Bondy 氏によって共同創設されました。

Brave ブラウザについて: http://brave.com/ja

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。
08:12
米コインベース、コスモス関連銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは27日、銘柄の新規上場を実施する予定だ。
07:40
バイナンス、税金ツール「Binance Tax」を発表
仮想通貨取引所バイナンスは、税金計算ツールBinance Taxを発表。現在利用できる国や特徴、今後の計画を説明している。
07:20
米AI関連株好調・ドル円続伸、米早期利下げの期待後退へ|7日
本日のニューヨークダウやナスダックは続落したが、米国株ではAI株が引き続き好調だった。8日にはパウエルFRB議長が発言を控えており、市場はFRBの口調に変化がないか様子見の状況だ。
02/06 月曜日
14:23
英中銀と財務省「デジタルポンド(CBDC)が必要となる可能性は高い」
英イングランド銀行(中央銀行)と英国財務省は、「将来的にデジタルポンドが必要になる可能性が高い」との判断を示し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入に積極的に取り組む姿勢を見せた。
12:53
今年1月のNFT市場、前月比40%高と大幅に盛り返す=DappRadarレポート
DappRadarはNFTおよびDeFi市場についての最新レポートを発表。23年1月にNFTの取引量と販売数が急増しており回復傾向だった。BAYCなどを運用するYuga Labsコレクションが好調だった。
12:25
エコノミッククラブのパウエル講演控え、ビットコインなど様子見基調
前週末の雇用統計を受け、株や暗号資産(仮想通貨)などのリスク資産の値動きが冴えない。8日深夜には米ワシントンエコノミッククラブのパウエル講演控えており、ビットコインも様子見基調となっている。
10:03
仮想通貨領域をリードする世界の都市ランキング、首位は英ロンドン=Recap
仮想通貨関連企業Recapは、ビットコインなど仮想通貨・ブロックチェーン導入の環境に適した世界の都市ランキングを公開。関連企業数や税率などの指標でスコアを算出した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア