韓国最大のメッセージアプリ:カカオトークが独自仮想通貨発行のICOを検討中

カカオ社がICO実施に伴いカカオブロックチェーン(仮称)設立か
カカオ社はブロックチェーンの技術力の確保と、関連企業の買収に積極的に乗り出す、とのことです。また、3月20日に行われる記者会見で、計画の概要を説明するため、具体的なロードマップを発表する予定です。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

カカオブロックチェーン(仮称)とは

韓国最大のメッセージプラットフォーム「カカオトーク」を運営するカカオ社は、独自通貨発行のためのICOを検討し、更にはブロックチェーン技術に重点を置いた子会社を設立します。

「カカオブロックチェーン(仮称)」と名付けられたこの新子会社は、事業計画や目的は不明ですが、ブロックチェーンソリューションの開発に専念します。

また、ハフィントンポスト韓国版は、新しいブロックチェーン部門の設立後、ICOを通じて独自仮想通貨「Kakao Coin(カカオ・コイン)」の発売を検討していると伝えました。

韓国の人口の推定93%がカカオトークを主なメッセージプラットフォームとして使用しており、カカオコインの立ち上げと使用について、今日まで国内でのICO実施は違法である、としている韓国の金融規制当局の動向が注目されています。

同社は、子会社を通じ、昨年9月に110種類以上のトークンを扱う仮想通貨取引所「Upbit」を開設し、すでに仮想通貨業界に進出しています。

今後の予定

カカオ社は3月20日に行われる記者会見で、計画の概要を説明するため、具体的なロードマップを発表する予定です。

同社はICOで確保した資金で、ブロックチェーンの技術力の確保と、関連企業の買収に積極的に乗り出す予定とのことです。

既に同社は、今年2月にシンガポール証券取引所を介して海外株式預託証券(GDR)を発行し、10億ドル規模の海外資金の誘致に成功しています。

これまで報じられているように、韓国の金融規制当局は2017年9月下旬からICOを禁止する方向で動いてきました。

CoinPostの関連記事

韓国ICO禁止を発表/中国のICO禁止と比較分析、今後の市場の動きまとめ。
韓国政府がICO禁止を発表しました。中国のICO禁止に続き、仮想通貨の取引高の多い主要国も続々とICO規制を発表しています。

現在韓国でのICOの立ち上げと実施は法律で禁じられているため、カカオ社は海外の管轄区域(特にシンガポールと香港)でのICOをの立ち上げと実施すると予想されています。

カカオコインとは

カカオ社は、カカオドライバ・カカオゲーム・カカオトークといった数多くのサービスやアプリケーションに、法定通貨の替わりとしてカカオコインを導入することを検討中です。

カカオトーク・カカオペイといった同社のアプリのユーザーは、アプリケーション内でカカオコインを現金支払いのように使用することが出来る、とされています。

参考までに、2月に行われたメッセージアプリ「Telegram(テレグラム)」のICOプレセールは約850万ドルを集めています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加