SBI e-Sports、仮想通貨XRPの実需拡大に意欲を示す

XRPの実需拡大に意欲

SBIグループが新設したSBI eSports株式会社が、SBIとして仮想通貨XRP(リップル)の実需拡大に意欲を示すツイートを行なった。

公式ツイッターで、eスポーツ分野におけるXRPの活用検討が多くの反響があったとした上で、「SBIとしてXRPの”実需拡大”に向け取り組みを行っている」とコメントした。

eスポーツは、コンピューター・ビデオゲームによる対戦をスポーツ競技として捉えたもの。SBIホールディングスは先日、eスポーツチームの運営、eスポーツメディアの運営、eスポーツに係るコンサルティング等について、選手年棒をXRPにて支給することも検討すると発表していた。

SBI決算資料

現時点で検討案として挙がっているのはSBI eSports所属選手の年棒に限られるが、最新のツイートでは他の施策の連携も含め検討を行なっていくとしており、関心が集まっている。

出典:SBI e-Sports (株) 公式ツイッター


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します