スイスの国営銀行、仮想通貨関連サービスを計画

BKBが仮想通貨サービスを計画

スイスの国営銀行Basler Kantonalbank(BKB)が仮想通貨サービスを計画していることがわかった。

現地メディアFinewsの報道によると、BKBは国立銀行グループBank Clerと連携し、仮想通貨の取引およびカストディのサービスの構築に取り掛かっている。サービスはBKB傘下の銀行子会社を通して提供する予定だという。

米仮想通貨メディアCointelegraphの取材に応じたBKBの代表者は、若年層の顧客での仮想通貨関連サービスへの需要が高まっていることを計画を開始したと話している。

計画は未だ初期段階で、具体的な取扱い銘柄や、ローンチ予定日は明らかになっていない。

スイスの銀行は仮想通貨セクターとの親和性が高い。仮想通貨関連企業が集まる「クリプトバレー」をはじめ、これまで複数の大手商業銀行やプライベート銀行が仮想通貨の取引サービスやカストディサービスの提供を開始、「仮想通貨銀行」といった新興銀行も事業を拡大している。一方、国営銀行が仮想通貨関連サービスを開始するのは初めてで、スイスが仮想通貨業界におけるリーダー的位置付けを拡大する重要な一歩となる可能性がある。

参考:Finews報道


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します