CoinPostで今最も読まれています

利用者を詐欺から守る機能を追加、仮想通貨Crypto.com7月のアップデート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Crypto.com設立から4周年

2020年7月、仮想通貨取引所を含むプラットフォームを構築しているCrypto.comは、設立4周年を迎えた。

7月にはCrypto.com取引所への新機能追加、Block Explorer 2.0、GitHubでの新しいアクティビティページなどのアップデートが行われた。また7月は、Crypto.comユーザー数が300万人を突破した月でもある。

Crypto.comは2019年9月に100万人、2020年5月に200万人、そして7月に300万人を突破した。200万人を突破してからほんの2カ月で300万人に達したことから、成長の速さが伺える。

業界最大手の仮想通貨取引助Binanceは、設立後6ヶ月で300万ユーザーを獲得した。当時は仮想通貨バブルの最中であり、現在よりもユーザー獲得が容易であったと想定される。当時ほどの盛り上がりが見られない現在でもユーザー数を大きく伸ばしている事実は、Crypto.comが注目されている証拠といえよう。

ユーザーを詐欺から守る機能を追加

仮想通貨業界では様々な形の詐欺が横行している。Crypto.comでは、ユーザーをフィッシング詐欺から守る仕組みとして、アンチフィッシングコード機能を導入した。

フィッシング詐欺では、取引所からのものによく似せたメールをユーザーに送信してユーザーのクレジットカード情報などを抜き取るという手法が取られている。その対応としてCrypto.comでは、ユーザーがアンチフィッシングコードを設定すると、取引所からユーザーに送られる全てのメールにユーザー指定のコードが表示されるようにした。

そのコードがないメールは偽のメールであることが容易に見分けることができる。この機能により、フィッシング詐欺による被害を抑えることができる。

アプリもアップデート

Crypto.comのアプリでも、以下のようなアップデートが行われた。

ビットコインの定期購入が可能に

ビットコインの定期購入機能は、USドルでのビットコイン購入を自動化できる機能だ。購入の頻度は毎週、隔週、毎月に分かれ、一回につき50ドルからビットコインを積み立てることができる。今後、ビットコイン以外の通貨にも対応していく予定だ。

なお、この機能はユーザーから寄せられたリクエストをもとに実装されたという。

利用できる法定通貨の増加

アプリ内での決済では法定通貨も利用できる。これまでUSDやEURなど7種類の法定通貨が利用できたが、AUD、NZD、HKD、TWD、NOK、SEK、DKK、CHF、PLNが利用できるようになり、16種類の法定通貨に対応したことになる。

より多くの法定通貨に対応したことで、幅広い国のユーザーが自国通貨で仮想通貨を購入できるように。また、為替差損益を気にする必要がなくなる、残高を自国通貨で表記できるなど、より簡単に必要な情報をユーザーは確認できる。なお、日本円には未対応である。

Crypto Earnに新規通貨が追加

Crypto Earnは、様々な通貨を同プラットフォーム上にステーキングすることで利息を得ることができるサービスだ。同サービスは、仮想通貨では最大8%、ステーブルコインでは最大12%の利息が期待できる。

7月に新しく追加された利用可能な通貨は、ALGO、KNC、ERDの3つ。これにより、Crypto Earnに利用できる通貨はビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、CRO、XRP、BCH、LINK、ADA、LTC、BNBなど、計28通貨となった。Crypto Earnで利用可能な通貨は、今後も追加されていく見込みだ。

Crypto.com取引所もアップデート

アップデートは、Crypto.com取引所にも見られる。7月には分散型金融プラットフォームCompoundのCOMPトークン、イーサリアムdApps開発プラットフォームChromiaのCHRトークンが上場。BAND、ERD、NEOでの入出金にも対応した。

4周年を迎えたCrypto.comだが、新機能の追加やさらなるアップデートの勢いはいまだに健在とみられる。これからの新機能やアップデートなどにも引き続き注目したい。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 木曜日
16:51
フレア(FLR)、年明けにトークン配布イベントへ
20年12月12日時点の仮想通貨XRP(リップル)の保有者に対して配布予定の「フレア:旧スパーク(FLR)」について、トークン付与(エアドロップ)の実施予定日と対応取引所リストが発表された。
16:32
JCBIら、自己主権型IDの共同研究を開始
一般社団法人ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ(JCBI)は、自己主権型アイデンティティ(SSI)の社会実装をテーマとした共同研究を開始することを発表した。
14:00
Discord、ユーザーの収益化機能提供を示唆
コミュケーションアプリのDiscordは公式ツイッターで、ユーザー向けに収益化(マネタイズ)機能を提供することを示唆する内容のコメントを投稿した。
12:43
米コインベースが「バグ報奨金制度」を再考せざるを得ない理由
米大手仮想通貨取引所コインベースは、システムの脆弱性を発見・報告する「バグバウンティプログラム(報奨金制度)」の方針を再考すると発表した。背景に法的リスクの問題点が浮上している。
12:31
「仮想通貨技術の将来性は評価」ブラックロックCEOがFTX騒動に言及
破綻した仮想通貨取引所FTXに出資していた米投資大手ブラックロックCEOが直近の情勢についてコメント。FTXの状況を静観すべきと呼びかけつつ、仮想通貨自体は「非常に重要」と評価した。
12:04
米株指数リスクオン、MONAやXYMは思惑先行の急騰
パウエル講演のFOMC利上げ減速示唆により米株指数が大幅上昇。暗号資産(仮想通貨)市場ではバイナンスの日本進出発表を受け、モナコイン(MONA)やシンボル(XYM)が思惑先行の急騰を見せた。
12:00
NEAR財団、南米の加工食品会社と提携
仮想通貨NEARプロトコルを支援するNEAR財団は、南米の大手加工食品会社Grupo Nutresaのポイントプログラムを支援する計画を発表した。その他にも様々な組織と提携を進めている。
11:35
OpenSea、22年のロイヤリティ総額が10億ドル越え
NFT電子市場大手OpenSeaは、同サービスを利用するNFTクリエイターが獲得している手数料(ロイヤリティ)の総額が、22年に10億ドルを突破したことを発表した。
10:05
アニモカ、2,000億円規模のメタバースファンドを計画
Web3大手企業アニモカブランズは、メタバース企業に投資する最大約2,750億円のファンドを計画している。同社は仮想通貨市場が低迷する中、活発に資金調達を行っているところだ。
09:45
「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分
関東財務局は、仮想通貨交換業を営むエクシア・デジタル・アセット(旧LastRoots)に対し、行政処分を行なった。交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備が行われていないとし、処分の内容や理由を説明している。
08:15
通信アプリ「テレグラム」、独自のDEXを開発へ
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧