Pay Pal CEO:ブロックチェーンは「将来性あり」仮想通貨は「実験」

Pay PalのCEO、仮想通貨導入にあまり乗り気ではない
Pay Palの最高経営責任者である Dan Schulman氏は仮想通貨の将来性には確信がないと考えています。
同社は将来性のあるブロックチェーン技術の導入を模索
Dan Schulman氏は、ブロックチェ-ン技術が、「単なる一つの応用」としての仮想通貨よりもはるかに明確な将来性を持っている、とマンハッタンのニューヨーク経済クラブで語っています。

Paypalは仮想通貨ではなくブロックチェーン技術に将来性を感じている

Pay Palホールディングスは短期的な仮想通貨導入に関してはあまり乗り気ではありません。

Bloombergで報道されたように、Pay Palの最高経営責任者である Dan Schulman氏(以下、スカルマン氏)は仮想通貨の将来性には確信がないと考えています。

スカルマン氏は、マンハッタンのニューヨーク経済クラブで話している間、以下のように述べました。

「規則を整理し、他にも多くの事項を整理する必要があります。今のところ仮想通貨は、どの方向に向かうのかが全くはっきりしていない実験のようなものです」

この発言に驚く人々もいるかもしれません。

というのも、ちょうど今週(2018年3月第一週)、Pay Palが早くも仮想通貨トランザクションの導入に関心があることを示唆するような特許出願が見つかったからです。

CoinPostの関連記事

PayPal特許申請:仮想通貨決済の迅速化を目指している事が発覚
近日申請されたPayPal社特許出願内容を確認すると、同社が仮想通貨決済の迅速化に注目していることがわかります。仮想通貨決済に要する時間短縮を、PayPal社独自のウォレットとプライベートキー開発により、可能にする予定です。

しかし、その特許は実際にはその18か月前に提出されていたため、同社の現在の関心を正確に反映していない可能性があります。

Piper JaffrayのアナリストJason Deleeuw氏は次のように述べています。

「同社の特許出願の時期と、最近の公式コメントから推察すると、短期的に見て、Pay Pal上での仮想通貨払いの実現は優先順位が下げられたのかもしれません。

しかし、Pay Palは、長期的に見たとき仮想通貨資産にはメリットがあり、これから日常的な支払い形態として至る所で認知され受け入れられるかもしれない、とも言及しています」

Jaffrayのコメントの後半部分は、「財務関係における私たちの使命を果たすのに役立つ可能性のある技術、プロセス、アプリケーションに関心を持っています」というPayPalの広報担当者の主張に対応しています。

一般的に財務関係者は仮想通貨に弱気な場合が多いですが、スカルマン氏も例にもれず、対して、同氏はブロックチェーン技術の方に強い関心を持っています。

同氏は、ブロックチェ-ン技術は、「単なる一つの応用」としての仮想通貨よりもはるかに明確な将来性を持っている、とマンハッタンのニューヨーク経済クラブで語っています。

一方で、PayPalの最高財務責任者であるJohn Raineyは、Bitcoinや他の仮想通貨が支払いの主流になる可能性が非常に高くなっていると確信しています。

PayPalの広報担当者によると、同社には現在、ブロックチェーン技術の導入方法を調査しているチームがいる、ということです。

PayPal CEO: Cryptocurrency ‘an Experiment’, Not Interested At This Time

Mar 9 , 2018, by ADAM JAMES

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加