事例報告書によりGoogleがICO広告を禁止すると示唆される

GoogleのICO関連広告
Google Adwordsにおいて、複数の企業からICO関連の広告のパフォーマンスが劇的に下がってきていると報告されています。さらに、パフォーマンスだけでなく、アカウント自体も凍結されてしまう事態も起きているようです。
立法者からの圧力
カナダのバイナリーオプション・タスクフォース及び、FBIはFacebookに対し、ICOや仮想通貨関連の広告が消費者に与える影響を説明し、Googleに対しても同様の説明を行なったと示唆しています。

ICO業界の複数企業による事例報告書によると、Googleが自身のプラットフォームにおいて、ICO広告の表示を制限すると示唆されています。

この報告書は、FacebookがInstagramやFacebookにおいて仮想通貨やICOの広告を禁止した数ヶ月後に公表されました。

企業の報告書:ICO関連のGoogle Adwordsキャンペーンのパフォーマンス低下

Googleは仮想通貨やICOに対する政策の変更を公式に行なってはいないものの、複数のICO関連企業がGoogleのプラットフォーム上での広告パフォーマンスが劇的に落ちたと報告しています。

匿名のICOマーケティング特化企業は、たった2日間でGoogle Adwordsキャンペーンにて99%のクリックパフォーマンスが低下し、その証拠としてFinance Magnatesにパフォーマンスシートを提供しました。

さらに同社は、このパフォーマンスの低下は、キャンペーンの提出に対し、”限定的な”承認しか得られなくなったのと同時期に起こっていると主張しています。

他の企業でも、ICO関連の広告を打ち出した結果、付随する広告だけでなく、Adwordアカウント自体も凍結されてしまったと報告しています。

立法者からGoogleプラットフォームでの仮想通貨に関する広告に対し圧力

2月に、Manitoba証券委員会の監視官及び、カナダのバイナリーオプション・タスクフォースの代表も務めるJason Roy氏(以下、Roy氏)が、Facebookの仮想通貨関連広告を禁止する決断を賞賛し、Googleに対しても同様の政策の懇願を示唆しました。

「何が起きたのかというと、カナダのバイナリーオプション・タスクフォース及び、FBI がFacebookに対し、このようなタイプの広告が消費者に被害を与えていること及び、その懸念を説明しました。そして、Googleに対しても同様の議論を行い、同様の決断を待っているのです。」

とRoy氏は語り、

「私は、Googleがバイナリーオプション、ICO、仮想通貨に分類される商品に対し、同様の政策が施行されることを祈っています。」

と続けました。

さらに彼は、

「非常に多くのICOや新しいトークン、異質な取引が企画されています。人々は、ICOで多額の資金調達を目にしていますが、実際、その裏に何も存在していない場合も多く見受けられます。

しかし、大衆は過熱し、そんな中身のない企画にも資金を投じようとしているのです。」

と言及しました。

Anecdotal Reports Suggest Google is Cracking Down on ICO Advertising

Mar 11, 2018 by Samuel Haig

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加