『歴史的転換点』世界3大投資家バフェットがゴールド関連株保有へ、ビットコインの関心も高まる

株式市場と仮想通貨

世界の基軸通貨である「米ドル」の凋落が著しい。

ビットコイン(BTC)は、12,400ドルを付けるも過熱感から反落。11,900ドルまで下落した。 ドルの急落はコロナショックの起きた3月以降に断続的に発生しており、過去2年間の最低水準まで落ち込んだ。

米ドルの価値

これは「米国債の利回り低下」に加え、米政府や米連邦制度理事会(FRB)が新型コロナウイルス感染拡大に伴う自国経済への悪影響を抑えるために、量的緩和などの大規模金融政策で、ドルの供給を増やし続けた副作用でドルの信認が損なわれるとの観測に基づいている。

そのような状況にある中、世界3大投資家のウォーレン・バフェットが率いる投資・保険会社の米「バークシャー・ハサウェイ」の四半期株主申告と米証券取引委員会(SEC)の開示資料にて、カナダの鉱業会社である「バリック・ゴールド」を約2000万株(約600億円)ポートフォリオに加えたことが明らかになった。米経済専門誌FORTUNEが報じた

バリック・ゴールドコーポレーションは、13か国に16の事業所を持つ金と銅を生産する鉱山会社で、同銘柄は2020年に大幅上昇を見せている。

バークシャーハサウェイは、コロナショックの影響でポートフォリオの大幅な見直しを迫られており、ゴールドマン・サックス株のほか、JPモルガン株、ウェルズ・ファーゴ株の大部分を売却。一方で、バンク・オブ・アメリカ株の保有量を増やしている。

バフェットはかつて、金(ゴールド)について懐疑的な姿勢を示していたが、世界金融・経済状況の歴史的転換点を機に方針を転じたものと思われる。

これを受け、17日の米株市場では、金鉱セクターの関連銘柄軒並み上昇した。法定通貨の米ドル衰退とゴールド市場への資金流入は、ゴールドなど避難資産への大きな需要を示しており、同様の性質を持つビットコイン(BTC)にも追い風となる可能性がある。

仮想通貨市場

19日の暗号資産(仮想通貨)市場。 昨日とは一転、ビットコイン(BTC)価格は、前日比-3.41%の126.1万円(ドル)に。

海外トレーダーCold Blooded Shiller(@ColdBloodShill)は、先月末以降のアセンディングトライアングルを示し、ロングとショートの優位性のある価格帯を示した。サポートのある11700ドルまでの下落を見ている。

2ヶ月で5倍まで高騰し続けていた仮想通貨チェインリンク(LINK)は、16日に20.1ドルを付けると、18日に一時-26.9%の大幅調整が入った。

LINK/USDチャート

10万トークン相当を保有するLINKアドレスの数は、8月6日以降減少している。 大口が利確している事を示しており、チェーンアナリストのアリマルティネスによれば、およそ64頭のクジラがネットワークを去ったと推定している。

DeFi(分散型金融)銘柄の躍進は、直近のイーサリアム(ETH)価格にも好影響を与えており、最近目立っていたLINK急落を発端として、過熱していたクリプト相場全体の調整ムードに波及した面も指摘される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します