CoinPostで今最も読まれています

スターバックス、ブロックチェーン技術で消費者とコーヒー豆農家を繋ぐ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

デジタル・トレーサビリティ・プログラム

世界最大手のコーヒー・チェーン企業、スターバックスが推進してきたブロックチェーンによるコーヒー豆サプライチェーンの追跡が、ついに一般的な消費者にも利用できるようになった。

全米のスターバックス店舗で販売されているコーヒー豆のパッケージに記載されたコードを、専用サイトで入力すると、その生産地から焙煎所に至るまでの情報を入手することが可能になった。また、その逆のルート、つまり生産農家が、自分たちのコーヒー豆が最終的にどこに辿り着いたのかを知ることもできる。

マイクロソフト社が技術提供

スターバックスはマイクロソフト社と提携し、ブロックチェーン開発に取り組んできた。このトレーサビリティ機能は昨年5月に、マイクロソフトの開発者カンフェレンス「Build 2019」で披露され、基盤となるブロックチェーンはクラウドサービスAzureネットワーク上でホストされている。

スターバックスの理念を支える取り組みの一つにコーヒー豆の倫理的な調達がある。しかし、年間38万以上の農園から豆を調達している同社にとって、追跡のためのネットワーク作りは一朝一夕で行えるものではなかった。スターバックスが20年近くにわたって収集し、蓄積してきたコーヒー豆取引に関するデータに基づき、ブロックチェーン技術を活用して「コーヒー豆の旅路」においてポイントごとに情報を記録、共有することで、サプライチェーンの透明化を達成することができたようだ。

ただし、様々な農園で生産された豆がサプライチェーン上で混ざってしまうこともあり、コーヒー豆の生産者レベルまで遡っての追跡にはまだ多くの課題が残されているという。また、コーヒー豆商品にしても、シングル・オリジンからブレンドまで多様なものがあるため、追跡レベルも特定の生産者から、施設を共有するローカルコミュニティ、生産地域、そして生産国までと幅がある。

テクノロジーで農家を支援

これまで自分たちの育てたコーヒー豆がどこでどのように販売されているのかについて、全く知らなかった生産農家にとっては、このテクノロジーは有益なツールとなる。大規模な農園経営者から個人生産者まで、経営規模を問わず、トレーサビリティのサイトにアクセスすれば知識が入手できる。今後、生産者がコーヒー豆の流通経路に関する知識を得ることで、経済的な活路を探っていくことも可能になるだろう。

スターバックスのケビン・ジョンソンCEOは、コーヒー豆を栽培する農家が、より公平な収益を得られるよう積極的に支援することがブランド強化につながると述べている。さらに、オープンソースのアプローチを活用することで、仮想通貨コミュニティにも、スターバックスブランドの存在をアピールすることができると考えているようだ。

スターバックスと仮想通貨

スターバックスは、仮想通貨を決済手段として導入することにも積極的な姿勢をとっている。

昨年7月には、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインなどの主要仮想通貨による決済も、決済アプリを提供するFlexa社のネットワークに加入している米国内のスターバックスで可能になっている。また時期を同じくして、米「Fold」社のライトニングネットワークを利用したビットコインの高速決済アプリも利用可能になったことが報じられた。

さらに今年3月、一部のモバイルアプリのユーザー向けに、仮想通貨「Bakkt Cash」使って支払う実証実験を行なっていることが伝えられた。「Bakkt Cash」は、米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社Bakktが提供する決済手段で、スターバックスはBakktと戦略的パートナーシップを結んでいる。

スターバックスは、いずれ顧客の間で仮想通貨の普及が進むと予想しており、Bakktとの提携により、仮想通貨を決済手段のオプションとして提供することがブランドを強化するとの立場をとっている。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/29 水曜日
11:44
目先はイーサリアム優勢か、ETH/BTCは0.056まで続伸
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が69000ドル台、イーサリアム(ETH)は4000ドル手前で推移する。現物ETF(上場投資信託)承認の影響を受け、短期的にはイーサリアム優勢との見方が強い。
10:35
MocaverseとAnime Foundationが提携
アニモカ主導のプロジェクトMocaverseとAnime Foundationが提携。Anime Foundationはアニモカらと強力し、アニメファンをWeb3の世界へ引き込もうとしている。
10:00
米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
08:45
Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
07:50
マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
07:20
米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
06:30
2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
06:05
トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。
10:25
アービトラム、Web3ゲーム開発への出資で投票実施中 賛成多数
イーサリアムL2アービトラムのコミュニティはゲーム開発に2億ARBトークンを割り当てる提案の投票を開催中だ。現時点で賛成が多数を占める。
09:35
アルゼンチン、エルサルバドルからBTCについて情報収集
仮想通貨ビットコインの法定通貨化などについて情報収集するため、アルゼンチンの規制機関がエルサルバドル当局と会合を開いた。今後の計画も明らかになっている。
08:28
世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え
米国の仮想通貨ビットコイン現物ETFへのエクスポージャーの20%以上が、大口投資家や機関投資家によって保有されていた。大手ヘッジファンドや、投資銀行、さらにはウィスコンシン州の年金基金までも含まれる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア