仮想通貨詐欺集団PlusTokenの資金状況、XRP分散型台帳で分析=XRPlorer社CEO

3200万XRPを取引所へ送金か

史上最大規模の仮想通貨(暗号資産)のポンジスキーム「PlusToken」で騙し取られたXRP(リップル)の状況について、XRPの分散型台帳「XRPレジャー」を分析するXRPlorer社のCEOが調査報告を発表した。約3200万XRP(9.3億円相当)が、この2週間で取引所のHBTCに送金されたと報告している。

XRPlorer社のThomas Silkjær CEOは、現時点で、この送金がPlusTokenのメンバーによるものか、法執行機関によるものかは明らかではなく、被害に遭った内の8800万XRP(25億円相当)は16アカウントに分けられて、そのまま動いていないとしている。

PlusTokenとは、2018年半ばに開始した「高い投資収益」を謳った中国のウォレットサービス。紹介報酬として配当が入る仕組みで、捜査報告からネズミ講の詐欺であることが発覚した。被害者は約80万人で、被害額は推定30億ドル(約3190億円)に上る。

同氏は、先月18日には過去数週間に渡って1200万XRP(3.5億円相当)が複数の取引所に送金されたことを報告している。その際、1.2億XRP(35億円相当)は出所を分からなくするためにプールに入れられているとも説明している。

PlusTokenについては、7月末に中国の公安部が主謀者全27人と重要メンバー82人を逮捕したことが報じられており、1200万XRPを受け取った取引所の1つは、この送金は法執行機関によるものだと明かしたとの意見もあるが、XRPlorer社のCEOは、18日時点では、まだ確認できていないと強調している。

関連仮想通貨史上最大の詐欺「PlusToken」、主謀者全27名を逮捕

PlusTokenではXRP以外にも、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、イオス(EOS)などの銘柄も被害に遭った。過去にもPlusTokenによる送金は確認されており、その際には売り圧が警戒されてきたが、首謀者逮捕を受け、その影響を警戒する声も少なくなってきている。

関連仮想通貨詐欺集団が再びイーサリアムを移動 200億円相当


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します