仮想通貨市場の下落一服 アルトに買い戻し意欲・CMEビットコイン先物「200ドルの窓」

仮想通貨市場反発

週末の仮想通貨(暗号資産)市場は、大荒れの様相。ビットコインが、USD建で一時1万ドルを下回り、その後も弱含みの展開となった。

アルト市場も8月の上昇幅を打ち消す、大幅安となり、DeFi銘柄を中心に好調な相場に利益確定売りが先行した。週明け7日には、週末の下落幅が大きかったEthereum(ETH)が前日比7%高、Chainlink(LINK)が19%高、Polkadot(DOT)が16%高、Binance Coin(BNB)が20%高、NEM(XEM)が18.9%高と旺盛な買い戻しな状況も確認されている。

仮想通貨取引所FTXの時価総額別インデックスでは、基本チャートのビットコインに対して、DeFiインデックス(黄)が大きく売られた展開が確認できた。

CMEのギャップ

週末の変動幅を織り込んだCME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン先物の「窓(ギャップ)」は、200ドルに。先週末の終値10,625ドル(1,129,108円)に対し、始値が10,425ドル(1,107,854円)の大幅な窓(ギャップ)で取引を開始した。

週末に急騰・急落したケースでCMEのチャート上に生じるギャップ「窓」は、その後、窓埋めアノマリーを意識した市場の値動きが度々確認されている。現在の取引価格からは、上下に窓がある状況で、今回形成した上窓(10,425ドル〜10,625ドル)のほかに、9,645ドル〜9,925ドル帯に280ドル幅開く窓がある。

今週トレーダーが注目したい予定は以下で解説。

「モナコイン半減期、DASHアップデート迫る」次週注目ファンダとTAOTAO仮想NISHIクリプト指標解説
モナコイン半減期やDASHのアップデートなど、来週の注目ファンダとビットコインのハッシュレート推移、難易度調整データを掲載。仮想通貨取引所TAOTAOの仮想NISHI氏の寄稿では、ECB政策決定会合とBTC比較について解説した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します