CoinPostで今最も読まれています

「寿司(Sushi)」は小説より奇なり 華々しいデビューから一転、創設者が管理権をFTXのCEOに移譲

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SushiSwapのドラマ

その誕生から10日で、これほどドラマに満ちたプロジェクトも少ないだろう。分散型取引所Uniswapの取引量を急増させた立役者「SushiSwap」のトークン、その名も「寿司(Sushi)」。SushiSwapは、そのローンチからわずか数日で10億ドル以上がロックアップされ、Uniswapの1日の取引量の7割以上を占めるまでになる。そしてそのガバナンストークン「Sushi」の価格は一時12ドルまで高騰した。

出典:DeBank

しかし9月5日、SushiSwap創設者の「Chef Nomi(シェフ・ノミ)」が、開発資金として割り当てられた一部のSushiトークンを、1300万ドルに相当するイーサリアム(ETH)に売却したことから、潮流が大きく変わった。

4日の全体相場続落に加え、Chef Nomiの大量売却などの悪材料はSushiトークンの価格を大幅に下落させ、1ドル手前まで暴落した。

出典:Tradingview

SushiSwapの凋落

SushiSwapは、すでに大手取引所コインベースの1日の取引量を上回るまでに成長したUniswapの「進化形」だと主張している。Uniswapのコードからのフォークだが、その違いは、ガバナンストークンの有無で、SushiSwapでは、取引手数料の0.25%に加え、Sushiトークンも発行され流動性提供者に与えられる。Sushiトークンはガバナンスの投票に使用するだけでなく、取引も可能だ。9月1日には、大手取引所FTXとバイナンスが上場を発表したことから、流動性提供者はSushiトークンを獲得するのにさらに熱が入ったようだ。

Chef Nomiは、510万SushiトークンをETHに換金した行為について、様々な理由をあげ自己弁護している。例えば、ライトコイン開発者のCharlie Leeの前例を挙げ、Sushiトークンの「価格を気にせずに(UniswapからSushiSwapへの)マイグレーション(移行)のための技術的な面に集中する」ためだと主張し、出口詐欺の疑惑を完全に否定した。

また、自分がいかに開発とコミュニティづくりに貢献したかを強調し、換金したイーサリアムはその報酬として見合った額だと主張している。

SushiSwapのコミュニティだけでなく、DeFi全体のコミュニティは、このようなChef Nomiの態度を激しく批判していた。

プロジェクトの権限を譲渡

しかし状況は急展開する。Chef Nomiは、仮想通貨デリバティブ取引所FTXのCEOであるSam Bankman-Fried(SBF)の呼びかけに応じ、秘密鍵を含むプSushiSwapプロジェクト管理権限を譲渡すると発表した。

私がいなくてもSushiSwapがうまくいくことを願っている。私はプロジェクトにダメージを与えるつもりはなかった。もし私の決断があなた方の期待に沿っていなかったとしたら、謝罪する

ーChef Nomi

SBFはNomiを痛烈に批判しながらも、SushiSwapの権限を渡すなら、プロジェクトを「死滅」させず、「前進させる」という提案を行ったのだ。そしてNomiが売却したSushiと同額をコミュニティに寄付すると申し出た。

SBFの声明によると、本人自身がSushiSwapにおける大口流動性提供者の一人であるため、Sushiプロジェクトの死滅を望んでいないと明らかにした。この点もプロジェクトの救済目的の一つと見られる。

SBFは計画されていたSushiSwapへのプロトコルマイグレーションは、Nomiの鍵に紐づいているためキャンセルし、その代わりに自身に紐付けされたものに置き換えるが、投票を行い、その結果が反対であれば、マイグレーションは取り消されるとした。その後、管理はマルチシグを用いることとし、鍵はマルチシググループへと移され、コミュニティが管理するようになると説明した。

SBFは、この一連のできことの教訓として、多くの権限を持つ匿名の創設者チームの脅威について触れた。実績があり信頼できるチームであることはもちろん、新規もしくは匿名の創始者とともにコミュニティを立ち上げる際には、プロトコルを放棄できないよう設計されているかを確認することが重要だと述べた。

かくして、SushiSwapは生き残ることになったが、このようなドラマチックな展開に対して、実際得をするのは誰なのか、仮想通貨コミュニティ内には懐疑的な見方も多く散見されることを付け加えておきたい。

こちらのグラフ(@coin98_analysis)では、SushiSwapのドラマの経緯を簡単に整理されている。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。
15:34
米下院、包括的な仮想通貨法案「FIT21」採決へ 規制不確実性の解消目指す
米国連邦議会下院は22日、米SEC(証券取引委員会)の監督権限などを明確にすべく仮想通貨業界にとって大きな節目と指摘される「金融イノベーション・テクノロジー法」(FIT21)の採決を行う予定だ。超党派の支持を得ているため、承認が期待されている。
12:41
ETF承認思惑でイーサリアム3800ドル台まで続伸、ビットコインやソラナは利確売り優勢に
米エヌビディア決算を控え株価指数が様子見基調となる中、暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムが現物ETFのSEC承認思惑で3800ドル台まで続伸。ビットコインやソラナは利確売り優勢と明暗が分かれた。
11:45
ビットコイン、日本円建てで過去最高値を更新
仮想通貨ビットコインは21日、日本円建ての過去最高値を更新し1,100万円を超えた。アルゼンチンやフィリピンでも最高値を更新している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア