仮想通貨取引所bitbank、16日よりステラルーメン(XLM)取扱開始

bitbank、XLM取扱開始

暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankを運営するビットバンク株式会社は、新規暗号資産ステラルーメン(XLM)の取扱を2020年9月16日(水)より開始することを発表した。

現物取引所の取扱ペアに、XLM/JPYとXLM/BTCの2ペアが追加される。

9日には、フォビジャパンがステラルーメン(XLM)、ネム(XEM)の取扱い開始を発表しており、直近では国内取引所での上場事例が相次いでいる。

ステラルーメン(XLM)について

ステラルーメン(XLM)は、法定通貨と暗号資産のブリッジとなることを目的として、Stellar Development Foundationが運営管理する暗号資産。

秒間1000トランザクションをサポートする独自のStellar Consensus Protocolを採用しており、Blackstone、Googleの支援を受け、IBMなど複数の大手企業と提携している。

暗号資産の名称:ステラルーメン

シンボル:XLM

時価総額:2,420億円(2020年8月18日時点)

単価:10円(2020年8月18日時点)


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します