ツイッターのドーシーCEO、ビットコインの可能性や課題を語る

BTCの可能性と課題

ツイッター社CEOのJack Dorseyがロイターのインタビューで、仮想通貨(暗号資産)ビットコインがインターネット通貨に最も適していると改めて語った。

コミュニティが主導するという点がビットコインとインターネットに共通していると主張。インターネットにはネイティブ通貨が必要だと考えていると語り、その役割を果たすのに最適なのがビットコインだとの見解を示した。

Dorseyは以前から、この主張を繰り返している。インターネットは世界中をつないでいて1つの国家だと考えることができるとした上で、そこには統一された通貨があるべきだと主張。世界中の人々が同じ通貨を使うことができるようになれば、それぞれの国の通貨に両替する必要もなくなるというのがDorseyの考えだ。

関連ツイッターCEO「インターネット通貨になり得るのはBTCのみ」|リブラにも言及

またDorseyはビットコイン支持者としても知られている。ツイッター社傘下の決済企業Square社のCEOも務め、BTCの売買もできる送金アプリ「Cash App」を提供している。

今回のインタビューではBTCの課題も提示し、処理速度と効率性が普及を妨げていると語った。コストと時間の効率性を高めることができれば、普及が拡大すると主張している。

さらに人々が直感的に利用できるようにすべきだと言い、利用のしやすさが課題であるとも指摘した。

Cash Appについて

利便性を高めるべきだとの主張は、モバイルアプリでビットコインの売買を可能にしたCash Appの開発に表れているのかもしれない。

Cash Appにビットコインの売買機能を追加したのは2017年11月。米コインベースなどの取引所と比較すると機能は限られているが、昨年末にはサービス拡充のために求人を行っていることが分かった。求人情報には以下のように書かれていた。

暗号資産(仮想通貨)投資製品を開発し、適切な方法で普及させる責任を持つ。

例えば既存の成長戦略を取り入れたり、指値注文や自動投資、ビットコインによるP2Pのギフト送付など、新たな機能の開発が含まれるだろう。

関連Square社のモバイル決済アプリ「Cash APP」、BTC取引サービス拡充へ

Square社は業績も好調だ。Q2(4月から6月)の業績報告書では売上高が8.75億ドル(約928.5億円)で前年比600%増、営業利益は前年比711%増となったことを発表。Cash AppはQ2のビットコイン売買で約1700万ドル(約18億円)の利益を上げており、「顧客からの需要増加が反映されている」と説明している。

関連送金アプリ「Cash App」業績好調、BTC取引の売上高は前年比600%超に


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します