「18年2月以来の高水準」ビットコインの新規開設ウォレット数が増加傾向に

新規開設のウォレット数が増加

開設して1〜3カ月しか経過しておらず、ビットコイン(BTC)の送金をほとんど行っていないウォレットの数が、増加傾向にあることが分かった。

今月225万4667まで増加した対象ウォレット数は、以下のグラフの通り、2018年以来の高水準となっている(オレンジ線)。2018年から今年3月まではほぼ横ばいだったが、コロナショック以降、新しい投資家が参入し、BTCの価格を押し上げている可能性がある。

出典:Chainalysis

この新しく開設されたウォレットの数は6カ月前は116万2632だったが、現在では倍近くまで増加。BTCの価格が暴落した3月を好機とみなし、新たな投資マネーが流入したとみられる。

本データを提供するブロックチェーン分析会社Chainalysisのエコノミストは暗号資産(仮想通貨)メディアCoinDeskに対し、「新規の投資家が市場に参入し、BTCを購入したが、長期保有するためにウォレットに保管している可能性がある」と説明。全体的なデータから取引できる市場の供給量は減少していると分析している。

BTC価格が2,000ドル(約21万円)から20,000ドル(約210万円)まで上昇した仮想通貨バブル期の2017年後半には、同ウォレット数は79万1289から200万超まで増加した。

別のデータサイトの情報

別のデータサイト「BitInfoCharts」では、取引が行われていない休眠状態のアドレスに保管されているBTCの数量が確認できる。以下は最長の8年間で表示しているが、こちらも増加傾向にある。

出典:BitInfoCharts

またBitInfoChartsでは、新しい投資家とは違い、BTCを多く保有するアドレスについてデータを確認することが可能だ。

現在全アドレスの0.01%に相当する1000BTC以上保有するアドレスの数は2195。10万BTC以上保有するアドレスが1つだけあるが、これは仮想通貨取引所Huobiのコールドウォレットだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します