バイナンス、ハイリスクの仮想通貨DeFi銘柄の取引「イノベーションゾーン」を開設

バイナンスのイノベーションゾーン

最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが、リスクの高い銘柄を取引できる新たなマーケット「イノベーションゾーン」を発表した。新興DeFi(分散型記入)関連銘柄に特化するプラットフォームだ。

発表によると、このイノベーションゾーンに参加するために、2つの質問に答える必要があるという。

質問一は、「イノベーションゾーンで取引するときに、想定する損失が元手の50%以上か、もしくは50%以下か」で、仮に「50%以下」を選んだ場合、参加することはできなくなるという。イノベーションゾーンに上場する銘柄はリスクの高いため、損失を被れる投資家に限定する方針となる。

質問二では、「仮に損失が発生した場合、自己責任か、バイナンスの責任か」が問われ、「バイナンスの責任」とした投資家も参加できない。バイナンスは、「自分で投資の研究をする(DYOR)」を推奨する。

最初にイノベーションゾーンに上場したのは、SUN(SUN)というトロンのDeFiエコシステム関連の銘柄で、日本時間21日23時に新規上場した。取引ペアはSUN/BTCとSUN/USDT。

DeFi銘柄のパフォーマンス

TheBlockのリサーチによると、過去30日で主要DeFi関連銘柄は8月の強気相場から反落し、多くは-40%以上下落している。

出典:TheBlock

参考Binance Innovation Zone


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します