bitFlyerの入出金制限、対象は「無登録業者の投資案件」──取材内容と回答

bitFlyerの入出金制限について

仮想通貨(暗号資産)取引所のbitFlyerは30日、国内外で無登録業者として警告を受けている投資案件やリスクが高いと判断したアドレスに係る預入れ・送金について、取消しや保留などの措置を行うと顧客向けメールで発表した。

CoinPostは、当該内容についてテキストを通じた取材を実施。bitFlyerから回答を得た。

取材内容と回答

bitFlyerは今回の対応について、一部で報告されている詐欺的な行為など、国内外で無登録業者として警告を受けている「投資案件」に対応するものになると説明。「無登録業者」の括りで対応する方針ではないと明確にした。

また、今回はマネー・ローンダリング対策などに取り組む主要国の連携システムに関するFATFのトラベルルールへの対応ではないとしつつも、「FATFのトラベルルールについては今後対応を検討している」と回答した。

あくまでも、今回は投資案件を対象とする対応措置である点がポイントであるとして、懸念される国内外の無登録業者の括りで広く適応されるものではないとしている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します