Galaxy Digitalノボグラッツ「(大局では)仮想通貨は1取引所に影響されるものではない」

ノボグラッツがコメント

米司法省(DOJ)と米商品先物取引委員会(CFTC)が、暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所BitMEXやアーサー・ヘイズCEOらに対して行った告発について、米商業銀行Galaxy Digital社CEOのマイケル・ノボグラッツがコメントした。

著名投資家で仮想通貨強気派としても知られるノボグラッツは、「ビットコイン(BTC)を初めとする仮想通貨は、1つの取引所や1人の人間に影響されるものではない。もっと『Big』なものだ」とツイート。CFTCのステートメントがオンライン上で公開された後にBTC価格が急落したが、「この下落で購入しよう」と述べている。

今回の告発ではBitMEXの「米国法逃れ」が指摘され、逮捕者まで出ており、今後の行方に注目が集まっている。

ノボグラッツは仮想通貨のコミュニティに対し、「有罪が確定するまでは推定無罪。それが米国の司法の基本原則だ。今回の訴訟にまつわる事情を深く理解しているわけではないが、ヘイズの無事を祈っている」ともコメントした。

BitMEXらに対する告発

今回はCFTCの規則や銀行秘密法(BSA)に従わずに米国で事業を行ったとして、BitMEXやヘイズCEO、親企業HDR Global Trading Limitedらが告発された。すでにBitMEXのSamuel Reed共同創業者(CTO)は拘束されている。

BitMEXは100倍のレバレッジ取引が注目を集める仮想通貨業界の主要プラットフォームの1つであるため、今回の告発は業界に非常に大きなインパクトを与えた。弁護士や有識者の見解を含め、詳細は以下の記事にまとめている。

関連BitMEXの「米国法逃れ」で逮捕事例、何があったのか──ビットコイン下落要因に

今後は罰金や取引の禁止、不正利得の返金、賠償など、裁判所が必要かつ適切と判断する対応が求められるが、BitMEXは声明を発表し、「米政府の強引な決定に強く反対する」としている。「スタートアップとして、初期から常に米国の法律に準じようと努めてきた」と主張した。

またBitMEXのプラットフォームは通常通り稼働しており、全ての資産が安全な状態であると強調。通常は1日のうちUTC13:00(日本は+9時間)に1回のみ出金を行うことが可能となっているが、ユーザーの不安を軽減するために、1日17:45(UTC)に1回出金リクエストを処理し、2日8:00(UTC)にも処理を行うと説明している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します