NTTコミュニケーションズ、ブロックチェーンで実証実験へ

NTT Comの実験

NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、ブロックチェーン技術を利用したセキュリティ対策を行うため、情報共有や流通を図る実証実験を11月30日より開始することを発表した。

NTT Comは、サイバー攻撃者のIPアドレスや悪質サイトのURLなど、セキュリティ対策に有益な情報である「セキュリティインテリジェンス」を参加者間で共有、利活用が可能なプラットフォーム「ブロックチェーン型セキュリティ情報流通フレームワーク」の開発を進めている。

背景には、昨今のサイバー攻撃の高度化を受け、従来のソフトウェア対策では対応し難くなっていることがある。一般的には、セキュリティインテリジェンスは、セキュリティベンダーからユーザーとなる企業や個人に提供されているが、すべてのサイバー攻撃に対応することも困難だという。

今回の実証実験で、セキュリティインテリジェンスの流通を実現するために、インテリジェンスの提供や販売などを可能にするほか、売買履歴を基準に提供者の貢献度も可視化する。

出典:NTT Com

プラットフォームの特徴についてこのように列挙されている。

  • これまでは入手が難しかったセキュリティインテリジェンスの売買が可能
  • セキュリティインテリジェンスの評価と利用状況の把握が可能
  • 収集したインテリジェンスを利用可能な状態にする方法を学習可能

さらに、実験への参加は無料で、応募期間は2021年3月末までだ。

参考:NTT Com公式


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します