CoinPostで今最も読まれています

米上場企業のビットコイン購入、なぜ高騰に繋がったのか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米上場企業のビットコイン購入事例続く

ビットコイン市場は9日の未明にかけて高騰。330ドル(3.5万円)幅の高騰で、一時1万1000ドル(116万円)に達した。

日本時間8日22時にツイッター創設者のJack Dorsey氏が経営する米スクエア(Square)社が5000万ドル(53億円)相当のビットコイン購入を発表したことを市場が好感した。

米国のソフトウエア企業であるSquare社は、ニューヨーク証券取引所で株式が取引される上場企業。米上場企業のBTC購入は直近で2社目となり、同様の事例が続いている。

関連ツイッター創業者経営のSquare、53億円相当のビットコインを購入

Squareは8月4日付で開示した第2四半期決算の報告で、P2P送金アプリ「Cash App」を通したビットコイン販売の売上高が8億7500万ドル(約927億円)に達し、前年同期の1億2500万ドルから600%増の7倍になったと発表するなど、ビットコイン関連事業も好調だ。

一方、今回のビットコイン購入については、自社の資産ポートフォリオの一部としてバランスシートに追加したもので、これらのサービスへのBTC供給とは異なる目的がある。この点が、企業がビットコインをポートフォリオに加える資産として購入した事例であることを示し、市場が好感した一つの理由となる。

同社は、5000万ドル相当(約53億円)のビットコイン(BTC)を購入したことに関するホワイトペーパーを通じて、購入の目的と方法について、詳細を記した文書を公開している。本稿では、そのポイントについて紹介する。

ビットコイン購入の目的は

ホワイトペーパー公開の目的

ホワイトペーパー公開の目的は、投資に関するアドバイスをするためではなく、同様の戦略を検討している企業に対し、参考になる情報を提供するためだとしている。

ビットコイン購入の理由

Square社が公開したホワイトペーパーでは、主に米ドルで構成されている自社のバランスシートを拡充し、BTCに投資をするタイミングは今しかないと考えていると説明した。

暗号資産(仮想通貨)が急速に発展していること、またマクロ経済と通貨体制に対して前例のない不透明感が漂う現状を考慮したことが主な理由としている。その上で、BTCはグローバル経済を発展させる可能性を持っているとの見解を示した。

取引方法

53億円相当のBTCを購入した方法はOTC取引だ。Square社が提供する送金アプリ「Cash App」には、BTCを売買できる機能があり、サービス提供で利用している流動性プロバイダーを通じてOTC取引が行われたと説明した。

関連Cash App業績好調、ビットコイン取引の売上高は前年比600%超に

取引価格は一般的なBTCのインデックスをもとに交渉し、24時間の時間加重平均価格(TWAP)に基いて取引を実行したという。具体的な取引企業名は明かしていないが、過去に利用したOTCデスクが含まれるリンクをホワイトペーパーに添付している。

保管方法

BTCの保管方法については、2018年に明らかにされた「Subzero」という同社のコールドストレージを紹介。顧客資産を保護するため、これまで仮想通貨のインフラにはしっかり投資してきたと説明している。また盗難に備え、保険に加入していることも明かした。

Dorseyのコメント

Dorseyは今回のホワイトペーパーの発表について、BTCに5000万ドルを投資したことよりも、その方法を共有したことが重要であるとコメントした。これは、企業がビットコインに資金を投じる事例が続くことを見据えた発言として注目を集めている。

また、重要なポイントとして、仮想通貨部門「Square Crypto」でオープンソースの開発に直接投資すること、「Crypto Open Patent Alliance(COPA)」で特許へアクセスできるようにすること、Cash Appを通して多くの人々がBTCを利用しやすくすることを挙げた。

Square CryptoとCOPAとは

Square Cryptoは、ビットコインの開発支援に特化したSquareの仮想通貨部門で、「ビットコインに投資以上の価値を」とのスローガンのもと、ビットコインの関連技術やインフラを構築し、多くのビットコイン開発者に対する金銭的支援を行うことを目的に活動している。

Square Cryptoが進めるプロジェクトには、ライトニングネットワーク開発キット、ビットコイン開発キット、およびビットコインデザインコミュニティなどがある。

また、「Crypto Open Patent Alliance(COPA)」はSquare Cryptoが先日、新たに設立した特許を共有する新組織で、イノベーションを促進するため、関連企業の特許をオープンソースとすることを提唱している。

参考資料 : ホワイトペーパー

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧