CoinPostで今最も読まれています

米上場企業のビットコイン購入、なぜ高騰に繋がったのか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米上場企業のビットコイン購入事例続く

ビットコイン市場は9日の未明にかけて高騰。330ドル(3.5万円)幅の高騰で、一時1万1000ドル(116万円)に達した。

日本時間8日22時にツイッター創設者のJack Dorsey氏が経営する米スクエア(Square)社が5000万ドル(53億円)相当のビットコイン購入を発表したことを市場が好感した。

米国のソフトウエア企業であるSquare社は、ニューヨーク証券取引所で株式が取引される上場企業。米上場企業のBTC購入は直近で2社目となり、同様の事例が続いている。

関連ツイッター創業者経営のSquare、53億円相当のビットコインを購入

Squareは8月4日付で開示した第2四半期決算の報告で、P2P送金アプリ「Cash App」を通したビットコイン販売の売上高が8億7500万ドル(約927億円)に達し、前年同期の1億2500万ドルから600%増の7倍になったと発表するなど、ビットコイン関連事業も好調だ。

一方、今回のビットコイン購入については、自社の資産ポートフォリオの一部としてバランスシートに追加したもので、これらのサービスへのBTC供給とは異なる目的がある。この点が、企業がビットコインをポートフォリオに加える資産として購入した事例であることを示し、市場が好感した一つの理由となる。

同社は、5000万ドル相当(約53億円)のビットコイン(BTC)を購入したことに関するホワイトペーパーを通じて、購入の目的と方法について、詳細を記した文書を公開している。本稿では、そのポイントについて紹介する。

ビットコイン購入の目的は

ホワイトペーパー公開の目的

ホワイトペーパー公開の目的は、投資に関するアドバイスをするためではなく、同様の戦略を検討している企業に対し、参考になる情報を提供するためだとしている。

ビットコイン購入の理由

Square社が公開したホワイトペーパーでは、主に米ドルで構成されている自社のバランスシートを拡充し、BTCに投資をするタイミングは今しかないと考えていると説明した。

暗号資産(仮想通貨)が急速に発展していること、またマクロ経済と通貨体制に対して前例のない不透明感が漂う現状を考慮したことが主な理由としている。その上で、BTCはグローバル経済を発展させる可能性を持っているとの見解を示した。

取引方法

53億円相当のBTCを購入した方法はOTC取引だ。Square社が提供する送金アプリ「Cash App」には、BTCを売買できる機能があり、サービス提供で利用している流動性プロバイダーを通じてOTC取引が行われたと説明した。

関連Cash App業績好調、ビットコイン取引の売上高は前年比600%超に

取引価格は一般的なBTCのインデックスをもとに交渉し、24時間の時間加重平均価格(TWAP)に基いて取引を実行したという。具体的な取引企業名は明かしていないが、過去に利用したOTCデスクが含まれるリンクをホワイトペーパーに添付している。

保管方法

BTCの保管方法については、2018年に明らかにされた「Subzero」という同社のコールドストレージを紹介。顧客資産を保護するため、これまで仮想通貨のインフラにはしっかり投資してきたと説明している。また盗難に備え、保険に加入していることも明かした。

Dorseyのコメント

Dorseyは今回のホワイトペーパーの発表について、BTCに5000万ドルを投資したことよりも、その方法を共有したことが重要であるとコメントした。これは、企業がビットコインに資金を投じる事例が続くことを見据えた発言として注目を集めている。

また、重要なポイントとして、仮想通貨部門「Square Crypto」でオープンソースの開発に直接投資すること、「Crypto Open Patent Alliance(COPA)」で特許へアクセスできるようにすること、Cash Appを通して多くの人々がBTCを利用しやすくすることを挙げた。

Square CryptoとCOPAとは

Square Cryptoは、ビットコインの開発支援に特化したSquareの仮想通貨部門で、「ビットコインに投資以上の価値を」とのスローガンのもと、ビットコインの関連技術やインフラを構築し、多くのビットコイン開発者に対する金銭的支援を行うことを目的に活動している。

Square Cryptoが進めるプロジェクトには、ライトニングネットワーク開発キット、ビットコイン開発キット、およびビットコインデザインコミュニティなどがある。

また、「Crypto Open Patent Alliance(COPA)」はSquare Cryptoが先日、新たに設立した特許を共有する新組織で、イノベーションを促進するため、関連企業の特許をオープンソースとすることを提唱している。

参考資料 : ホワイトペーパー

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/01 土曜日
13:00
アービトラム財団の設立投票で反対の声
アービトラムの仮想通貨ARBのエアドロップを経て、分散型自律組織を管理する組織「アービトラム財団」設立に向けた提案の投票が開始された。予算配分や管理体制に不透明な点があると反対の声も上がる中、87%の賛成票を集めている。
12:00
ロシア下院副議長「露中印が新たな共通通貨システムを開発すべき」
ロシアのアレクサンドル・ババコフ下院副議長は、インド、ロシア、中国は、新しい共通通貨の下に新たな金融関係を構築すべきだと述べた。米ドルやユーロの覇権に対抗する格好だ。
12:00
アニモカ傘下のゲーム制作企業Darewiseとは|Life Beyondのエコシステムも紹介
Darewiseはアニモカブランズ傘下のゲーム制作会社です。「Life Beyond」はDarewiseが開発中のMMOであり、ユーザーは「Dolos」と呼ばれる惑星でエイリアンと戦い、社会生活を営むことができます。遊びながら稼ぐP2Eも可能となる予定です。
11:00
イタリア当局がChatGPTをブロック
イタリアのデータ保護当局がAI言語モデル「ChatGPT」に対し、EUの一般データ保護規則違反の疑いがあるとして一時的に制限を課したことがわかった。開発企業米OpenAI社は一部有料ユーザーのクレジットカード番号(下4桁)や住所などの個人情報が漏洩したことを認めていた。
10:15
仮想通貨取引所Bittrex、米国での事業を閉鎖へ
仮想通貨取引所Bittrexは、米国の事業を4月30日に閉鎖すると発表した。規制の不透明さを主な理由として挙げている。なお、グローバル版の事業は通常通り続ける。
09:30
米政府、計1,560億円相当のBTCを23年中に売却予定
米政府は、ダークウェブ「シルクロード」に関連する捜査で押収した仮想通貨ビットコインについて、2023年に4回に分けて合計1,560億円相当を売却する予定であることがわかった。
09:00
「GM Radio」 次回は仮想通貨送金の効率化を目指す「Superfluid」らが参加
グローバル版CoinPostによる第18回GM Radioは、4月3日の21:00からツイッタースペースで配信予定。ゲストに仮想通貨プロトコルを開発するConnextとSuperfluidを招待する。
08:20
ナスダック・AI関連株大幅上昇 米インフレ鈍化を好感
本日のNYダウは続伸し+415ドルで取引を終えた。ナスダックやS&P500もインフレ鈍化の継続を示す指標を受けて続伸した。AI関連株は大幅上昇を見せた。
03/31 金曜日
17:01
ETHGlobal Tokyo、世界的ハッカソンイベントを東京で開催へ
ETHGlobal Tokyoという世界的ハッカソンイベントが、東京で開催されます。ハッカソンとは、エンジニアやプログラマーが集結し、短期間でプロダクトを開発するイベントのこと。ETHGlobal TokyoではWeb3市場の知識を持たない開発者でも楽しめるような取り組みも充実しています。
16:34
DEA、国内電力大手の合弁会社とMOU締結
NFTゲーム開発・運用を展開するDEAは、「電力アセットNFT」を活用した社会貢献ゲームを検討する目的でGGG社とMoUを締結したことを発表した。GGGは東京電力パワーグリッドや中部電力等の合弁会社。電力アセットNFTは4月3日に発売予定。
16:32
ネクソン、「Oasys」バリデータに参画 
国内発のゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」のバリデータとして、大手ゲーム開発企業のネクソンが参加することが明らかになった。Oasysは第二群バリデーターとして計4社を追加予定。KDDI、ソフトバンクの参画がこれまでに発表されており、残り1社の公開が期待される。
15:04
加納裕三氏、仮想通貨取引所bitFlyerの社長復帰へ
国内有数の暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyer創業者の加納裕三氏が代表取締役CEOに復帰することが発表された。今後は経営改革を加速し、株式市場での新規株式公開(IPO)を目指す。
13:40
NFTゲーム「アクシーインフィニティ」開発会社、5つのゲームスタジオと提携
人気NFTゲーム「アクシーインフィニティ」を開発するSky Mavisは、「Ronin」ブロックチェーンを大幅にアップグレードし、5つのゲームスタジオと提携して、Roninエコシステムを拡大すると発表した。
12:43
AI画像生成ツールMidjourney、無料版を一時停止
AI画像生成ツールMidjourneyは、新規ユーザーの急増や無料トライアルの乱用を受け、無料トライアル版へのアクセスを一時停止した。当初、この決定は拡散されたディープフェイク画像との関連が疑われたが、新規ユーザーの流入によりサービスに支障が出たことが原因だという。
12:25
ビットコイン直近高値圏で揉み合う、イーサリアム先物の月間取引高は昨年5月以来の高水準に
暗号資産(仮想通貨)市場ではDeribitのオプションカットオフやCME先物SQを控え、ボラティリティが強まることへの警戒感も見られる。アルト相場では、上海アップグレードを前にイーサリアム先物の月間取引高が昨年5月以来の高水準に達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア