ダウ平均株価の大幅下落は仮想通貨市場にどう影響するか

アメリカが中国に新規の関税賦課を行うと発表
トランプ大統領は中国に対し、新規の関税賦課を行うと発表し、アメリカ市場は大きく下落をみせました。関税の対象の中国製品は、年間約500億ドル相当となります。
仮想通貨市場への影響
法定通貨への信用の低下から仮想通貨へ人々の資産が流れるとの見方や、一方で既存金融市場がベアトレンドに突入した場合リスクを抑えようとする投資家が仮想通貨から手を引くのではなど多面的な影響が予想されます。

アメリカが中国に新規の関税賦課

木曜日、トランプ大統領が数日中に中国に新規の重要な関税賦課を行うと発表してから、アメリカ市場は大きく下落を見せました。

今回新たに設けられる関税の対象は、年間約500億ドル相当の中国製品となります。

これを受け、中国が何らかの報復に動き、世界の金融市場がさらなる混乱に陥るのではないかという不安が拡大しています。

その結果ダウ平均株価は2.93%減にあたる724.42ドルの下落となりました。

評論家はこの週末までにさらなる下落が起こると見ています。

一部では、今回の件でここ数ヶ月の高値記録の要因でもあった多年にわたる上昇トレンドが終わりを迎え下落トレンドに反転するとの声もあります。

この一件で注目が集まるのは「このダウ下落が仮想通貨にとっての好機となるのか否か」というテーマです。

今回の関税賦課の波乱がここまで大規模なものになった理由

トランプ大統領がこれまで幾度か関税導入による脅しをかけているうちに、最終的にはこれが現実となりました。

大統領は、より保護貿易主義的な経済を作り、これによって自国の企業が今回の政策変更による利益を手にできることを望んでいます。

トランプ大統領が中国を「アメリカのメーカーや雇用に重大な損失をもたらしている」として批判しているように、中国はトランプ大統領の現職就任以来の主要なターゲット国の一つであり続けてきました。

中国が今回の件をすんなり受け入れるはずもない事は明白です。

想定される仮想通貨への好影響

アメリカが自国経済を保護するにあたり、今回の関税賦課は理論上正しいように見えますが、実際のところ、このような動きは一般にはごく一部の経済領域にしか利益をもたらさない上、苦しみを伴うものになるとされています。

今回の動きによりUSドルの信用は弱まり、より多くの機関に仮想通貨を用いた取引の導入をもたらすことになるかもしれません。

弱まるUSドルでの取引よりも、人々は取引や富の蓄積に仮想通貨を用いるようになるという可能性は十分考えられます。

例えばビットコインは”デジタルのゴールド”と称されてきましたが、投資家達が資金をゴールドのようなより保守的な投資に回すのはこのような不安定な時代にこそです。

ゴールドは金融市場の悪化に関係なく常にその価値を保ちます。

仮想通貨もまた、取引における制限を回避するために用いられるでしょう。

すなわち、多額の手数料やペナルティを(違法ではありますが)回避する事ができ、取引は普段通り続く事になります。

もし仮想通貨の利用が一般化すれば、それに関連してもたらされる多大な利益に多くの機関が気づき、さらに仮想通貨市場の安定度が高まれば再び法定通貨を利用する事はないかもしれません。

今回のような貿易戦争は、法定通貨に代わるものとしての仮想通貨の、よりインパクトを伴う広範な採用を促進し得るのです。

仮想通貨にとっての負の影響はあるのか

金融の世界においては、確かな事など何もありません。

これまで長い間強気の市場であったため、機関投資家は余裕を持って資金を投下できており、多くの機関投資家は仮想通貨のようなリスクの高い投資を行うための予備の資本を持っていました。

しかし、今回の貿易戦争が市場の持続的な下落トレンドを引き起こすとすると、機関投資家達は仮想通貨市場から手を引き、市場の他の領域へ移るかもしれません。

今後どうなろうとも、アメリカと中国が貿易戦争を戦い抜く中で既存金融市場の持続的な動乱に対し仮想通貨市場がどう動いていくのか、興味深い事態となるでしょう。

What Does the Dow Jones Toppling Mean for Cryptocurrencies?

MARCH 23, 2018 Jake Sylvestre

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加