Ripple主催の「SWELL2020」開幕、過去の値動きとXRP相場への影響

仮想通貨市場とBTC(ビットコイン)

米リップル社主催の国際カンファレンス「SWELL2020」が本日より開幕する。今年は世界的な新型コロナ感染拡大の影響により、初のバーチャル開催となっている。

SWELLは、「巨大な波(XRP革命の大きさ)」を意味する用語で、世界各国における、政治・経済界、銀行業界、ブロックチェーン業界のリーダーが一堂に介し、「送金の未来」について議論する場となる。

XRPの値動きは

XRP(リップル)の値動きは小幅推移に留まっていることからも、例年と比較して、良くも悪くも市場への影響は年々下がっているといえる。

XRP/USD 4時間足

19年のSWELLでは、直近安値から43日間かけて最大で約50%の上げ幅を見せたXRP。

一方、今回は直近安値から20日かけて約20%の上昇となっている。どちらかと言えば、米株市場やビットコインなど関連市場の地合いに左右される向きの方が強く、SWELLが材料視されてきたとは言い難い。

材料視されたか否かは、過去の相場推移を見れば一目瞭然だ。

SWELL前後の値動き(CoinPost補足)

18年のSWELLで顕著だったように、イベント前に思惑で急騰した場合、相場のセオリー「Sell the fact(噂で買って事実で売る)」が鉄則である。材料出尽くしの反動による大口の利確や期待のハードルに届かなかった場合の失望売りなどが警戒される。

したがって、相場が沈静化している今回は、無風で終わるか、むしろ材料次第ではポジティブサプライズと捉えられるのではないかと見る向きもある。

カウントダウンイベントを大々的に衆目を集めた17年の「第1回SWELL」、クリントン元米大統領などを豪華ゲストを招いた18年の「第2回SWELL」と比較すると、19年,20年は質実剛健な布陣で迎えたRipple社。

SWELL2018のゲスト

ここ数年で劇場型マーケティングを抑制した背景としては、仮想通貨バブル崩壊でアルトコイン市場全体が低迷している影響のほか、すでに認知第一フェーズを脱し金融機関などへのユースケースが広がりつつあること、19年4月にSBIホールディングスの北尾社長が米Ripple社の役員に就任したことなどが影響している可能性が考えられる。

関連:SBI北尾社長インタビュー『仮想通貨(ビットコイン)市場の将来性とリップルの展望』

いずれにせよ、今後もSWELLは仮想通貨業界のトレーダーのみならず、各国の金融マーケット関係者からも大きな関心と注目を集めることが想定されるため、動向を注視する必要がありそうだ。

関連:リップル社の国際カンファレンス、開幕は「14日16時」──Swell2020 アジェンダ・登壇者情報

ビットコイン動向

14日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)価格は、前日比-0.32%の120.6万円(ドル)に。

1つ上のレンジに移行して推移するものの、金融市場に大きな影響を及ぼし得る「米大統領選」を11月3日に控えている影響もあり、再び上値は重くなりつつある。

資産運用会社Stone Ridge HDによる1億ドル相当のBTC購入が新たに判明した。Square社による4,709BTCの購入やMicroStrategy社による38,250BTC購入に続く動きとして関心が集まっている。(詳細は以下)

関連:企業が100億円超のビットコインを購入──新たに資産運用会社、米国で事例続く

新型コロナウイルスのパンデミックに伴う世界経済の不確実性や、大規模金融緩和の盈虚うで米ドルなど法定通貨のインフレ懸念が強まるなか、ビットコインはオルタナティブ資産として足元のモメンタムは引き続き良好と言えるだろう。一方、BTC先物市場の資金調達率はフラットに戻りつつあり、需給面でのロングの優位性はやや失われつつある。

BTC上昇に伴い強気予想が増える一方、年初来高値を超えずに推移することから、戻り高値の売り場とする弱気予想も散見される。

海外アナリストのTraderXO(@Trader_XO)は、フラクタクル分析で19年夏〜秋にかけて起こったトレンド転換に重ね合わせ、9,000ドル付近までの再転落を見据えている。

19年との比較


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します