バイナンス、「Binance Jersey」を11月に閉鎖

「Binance Jersey」閉鎖へ

最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスがイギリス王室属領のジャージーで運営する取引所「Binance Jersey」を閉鎖する予定がわかった。

バイナンスがCoinDeskに伝えたところによると、Binance Jerseyへの入金は10月30日より停止し、取引やその他のサービスは11月9日をもって終了させる。また、サイト全体の閉鎖は11月30日に実施する予定だという。

Binance Jerseyはバイナンスが2019年1月に開設した「フィアット・クリプト取引所」で、限定された銘柄でイギリスポンド(GBP)とユーロ(EUR)建ての取引を提供している。しかし、本家バイナンスも、直近ポンドとユーロの入金サービスや、それらの取引ペアを提供し始めたため、Binance Jerseyという地域限定版の取引所を運営する必要性がなくなってきていると説明した。

関連バイナンス、イギリスで仮想通貨取引所立ち上げ 規制下で運営・65銘柄が上場候補に

なお、今年の6月には、イギリス全土向けの取引所「Binance UK」をローンチする計画は公式で発表されている。同取引所はイギリスのFCA(金融行動監視機構)に登録し規制下で運営される予定だ。現在の進捗に関しては、情報は明かされていないが、イギリス版取引所ローンチへ向けて新たに事業を数住めている可能性がある。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します