スイス高級腕時計ブランドのChronoswiss社:COMSA上でICOを検討中

Chronoswiss社がCOMSAでICOを検討中
1983年に創業したスイスの高級腕時計ブランドであるChronoswiss社が、COMSAプラットフォーム上でICO実施の検討を開始しました。また、この発表の影響でCOMSAトークンが約62円から70円台後半まで高騰しました。

Chronoswiss社がCOMSAでICOを検討中

1983年に創業したスイスの高級腕時計ブランドであるChronoswiss社が、COMSAプラットフォーム上でICO実施を検討開始しました。

あくまで検討を開始した、という発表であり、決定ではありません。

COMSAプラットフォーム上でのICOはクリプトマイニングジャパンやLooop、プレミアムウォーターもICOを検討していますが、いずれも実施には未だ至っていない状況です。

この発表の影響でCOMSAトークンが高騰

今回の発表でCOMSAトークンが約62円から70円台後半まで高騰しました。

しかし、COMSAトークンの価格は未だICO割れ(ICO時の価格よりも低い状況)を起こしている状況でもあります。

Chronoswiss社が仮想通貨をモチーフにした時計を限定販売

テックビューロ・ヨーロッパがChronoswiss社と製作した、仮想通貨をモチーフとした高級腕時計を、Zaifで入札による限定販売を行うと発表しました。

限定販売が行われる通貨モチーフの時計は以下の通りです。

  • Bitcoin – the currency (BTC)
  • NEM – the harvest (XEM)
  • Ethereum – the contract (ETH)
  • Zaif – the exchange (ZAIF)
  • COMSA – the token (CMS:ETH、CMS:XEM)

モチーフとする通貨によってそれぞれ入札が行われます。

個数としては限定101個、オークション開始時期は2018年4月13日(金)〜4月27日(金)を予定しているとのことです。

詳細はCOMSAホームページ上で掲載されています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加