1万ドル以上相当のビットコインを保有するアドレスの数が100万超に

アドレスごとのビットコインの価値

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)で、金額1万ドル(約103万円)以上に相当する数量を保有するアドレスの数が、現在100万を超えていることがわかった。

BitInfoChartsによると、該当のアドレス数は本記事執筆時点で108万6467。最近のBTCの価格上昇によって、法定通貨に換算したアドレスごとの保有金額が増加している。

BTCの価格は6日、165万円超まで上昇(bitFlyer)。現在はそこから値を下げているが、1万5000ドル(約155万円)到達は2018年1月のバブル相場以来となった。

関連:仮想通貨ビットコインバブルの再来か、3年ぶり水準まで高騰

BTCの価格上昇でアドレスごとの保有金額が増える一方で、上記の表によれば、全アドレスのうち48.72%が、BTCの保有数量が0〜0.001BTCとなっている。0.001〜0.01BTCを保有するアドレスの割合は25.05%で、ここまでで全体の73.77%だ。

またBitInfoChartsはBTCの保有量を基準にしたアドレスのランキングも掲載している。本記事執筆時点で1位はHuobiのコールドウォレットで、その保有量は14万BTC超。2位のアドレスは9万4000超となっており、4位にはバイナンスのコールドウォレットがランクインしている。

大口アドレスからの送金

昨日の米政府が10億ドル相当(約1000億円)のBTCを押収した報道に関して、本来BitInfoChartsのランクで4位になっていたアドレスから事前にBTCの送金が確認されていた。

関連:1000億円相当のビットコインが移動

送金後ブロックチェーン分析企業CipherTraceによって、送金元がダークウェブ「シルクロード」関連のアドレスであることが判明。

その後に押収され、これは米政府の歴史上、最も大規模な仮想通貨の押収となった。

関連:米政府、1000億円相当のビットコインを押収


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します